« 米糠納豆ボカシ肥作り | トップページ | コモンタイムとレモンタイム »

2007/09/29

ローズマリーとバジル

070905rosemary001_3

ローズマリーを刈り込む時は、凄くいい香りが漂うので

「このまま捨てるには勿体無い!」と思って、

とりあえず陽に干して乾燥させるが、

ドライハーブになった後の利用方法が思い浮かばない。

(自分がうまく利用していないだけだが・・・)

 

一度、バスタブに浮かべて入浴した事があるが、

翌朝、ホーロー製のバスタブのアイボリー色が

薄茶に変色しているのに気がついて慌てた。

翌日から、バスタブを見る度にメチャメチャ後悔

しながら入浴した。

かなり日数が経って気にならなくなった頃に

もとのアイボリー色に戻っていたが、

それ以来、ローズマリーはバスタブに浮かべないようにしている。

 

多分、”干草ベッド”の中に一緒に入れて眠れば、

ローズマリーの香りに包まれてグッスリ眠れるだろうなぁ~

と、思いつつ・・・ 結局捨ててしまう。

070920basil001_2

スィートバジルは、「夏のハーブの王様だ!」と思っている。

4~5本もあれば食べきれないほど繁茂してくれるが、

なぜか今年の夏は数十本も植えてしまった。

 

朝食のトーストにのっけるために摘みに行くが、

毎朝、玄関から最も近いスィートバジルばかり摘むので、

一度も摘まないまま花を咲かせて終わらせたスィートバジルが沢山ある。

バジルに感謝しならが大きめの花穂を選んで摘み、

このまま封筒に入れて乾燥させ、

来春、また種を撒く頃までこのまま提げて保管するようにしている。

070920basil002

1ヶ月ぐらい経ったので完全に乾燥しているが、

この程度あれば、かなりの数の芽が出る筈だが・・・・

070920basil003

« 米糠納豆ボカシ肥作り | トップページ | コモンタイムとレモンタイム »

ハーブガーデン」カテゴリの記事

コメント

茶封筒にハンガーの利用はいいアイデアですねー
これいただきです。茎を縛って逆さに吊るしたのでは
種が落ちるがこれだと封筒の中に落ちるもんね・・・

ローズマリー、とりあえず一部だけでも乾燥保存してはいかがでしょう。
料理、ハーブティーどちらにも使えますよ。
ただし高血圧の方の長期連用は不可です。

長めの枝があれば、丸く形作ってリースに出来ます。何本も絡めて行けば、立派なリースの誕生です。
もちろんそのまま乾燥させればしばらく楽しめます。
唐辛子なども飾ると、ちょっとかわいいリースになりますよ。

>よしべえさん

穂先だけ切断して大きめの封筒に入れておけば、
乾燥も保管も簡単ですし、冬場の時間がある時にでも
封筒の中に手を入れてグシャグシャ握ってやると
底に種が落ちるので、
その種を集めて普通サイズの封筒で保管
整理するようにしています。

>めりっささん

少量乾燥すれば十分とは思いつつ、
手間隙は同じなのでついまとめて
乾燥させてしまう自分です。^_^;

ローズマリーを料理に使うと、
家族の皆が嫌うので残念ながら使えませんが、
リースにすると可愛い上に香りもして
なかなかいいですね。

山へ行って蔓で何度か
クリスマスリースを作った事があるので、
今度、ローズマリーでも作ってみます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/405664/8159895

この記事へのトラックバック一覧です: ローズマリーとバジル:

« 米糠納豆ボカシ肥作り | トップページ | コモンタイムとレモンタイム »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

チョコミント宛てのメール

最近のトラックバック

無料ブログはココログ