« コモンタイムの挿し木 | トップページ | キュウリとニンニク »

2007/10/16

ヨモギ発酵液作り

2006_yomogihakou01

どこでも見かける”ヨモギ”を摘んで、

”ヨモギ発酵液”を作っておくと色々と利用出来るが、

代表的な利用方法を含めて簡単に紹介。

 

<ヨモギ発酵液の作り方>

2006_yomogihakou02

① ヨモギの葉(有用菌が多い新芽部分がよい)を

バケツ一杯摘んでくる。

注意)

摘んできた葉は、折角の有用菌が流れてしまうので、

絶対に洗ったらダメ!

 

2006_yomogihakou03

② ヨモギ3に対して黒砂糖(粉末)1の割合(重量比)で、

ヨモギの葉とよく混ぜ合わせる。

 

2006_yomogihakou04

③ 石などで”重し”をする。

  

2006_yomogihakou05

④フタをしてこのまま1週間放置

 

2006_yomogihakou06

⑤1週間後に”重し”を取ると、発酵液が出来ている。

(”ヨモギ”に付着していた菌が黒砂糖を食べて繁殖した為)

 

 2006_yomogihakou07

⑥発酵した”ヨモギ”を絞ると、黒い”ヨモギ発酵液”が

採れる。(バケツ一杯の”ヨモギ”から約150ml.できる)

 

<ヨモギ発酵液の利用方法>

●活力剤として利用・・・50~100倍に希釈して

 野菜の葉面に散布すると、野菜が元気になり、

 病害虫に強くなる。(期待し過ぎないないように^_^;)

●米糠ヨモギボカシ肥作りに利用・・・米糠納豆ボカシ肥作りと

 同じ手順で、”納豆”を使わずに”ヨモギ発酵液”を使用する。

●生ゴミ液肥作りに利用・・・”米糠ヨモギボカシ肥”を、

 台所生ゴミにまぶして作った”生ゴミ液肥”を50倍~100倍

 に希釈したものを野菜に与える。(つまり液肥として使う)

   <手順は別途>

●生ゴミ液肥作り~生ゴミ堆肥作りに利用・・・

 台所生ゴミを利用して堆肥を作り、土質改良に利用する。

  <手順は別途>

« コモンタイムの挿し木 | トップページ | キュウリとニンニク »

「堆肥」「ボカシ」「自然農薬」作り」カテゴリの記事

コメント

これですか~!ヨモギ発酵液。
わかりやすいですね! ヽ(゜∀゜〃)ノ
私も作ってみたいです。ヨモギ♪ヨモギ♪
洗わずにですね・・・黒砂糖・・・え?黒砂糖ですか?
ふーん、意外です。でもウチにあるから問題ないです。
さっそく休みの日に摘んで来ようと思います♪

よもぎボカシは野菜の葉面に散布すると、
野菜が元気になるって良いですね
チョコミントさんは色々物知りで凄いね
何時も楽しく読ませて頂いてます
そして参考にさせて貰ってます
あ・り・が・と♪

今度はよもぎですかあ
こういった知識はどこから仕入れてくるんですか?
本当にDIYが好きなんですねー

生のヨモギは切り傷、血止め、
茹でると餠やお菓子に使うので
黒砂糖で漬物風にしてヨモギ発酵液ですか
ヨモギは重宝物ですね

>ぽむさん

ありがとうございます!
今頃のヨモギは、花が咲いているので
時期的にどんな感じになるか分かりませんが、
多分、大丈夫だろうと思います。
公園などは、除草剤を撒いているので、
そこが除草剤を撒いている場所かどうかを
チェックして摘むようにされるといいと思います。

>クミンさん

ありがとうございます!
ビギナーなので、実は手探り状態で
模索している感じなんです。

>よしべえさん

殆どが本からの情報ですが、
分野外の情報を応用して
独自で考え出す事もたま~にあります。
DIYは、自分のやり方考え方のベースに
なっているものですから・・・


>太公望さん

ヨモギの用途は色々ありますね!
お灸もヨモギから出来ていますし、
酒も造られているようですよ!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/405664/8452653

この記事へのトラックバック一覧です: ヨモギ発酵液作り:

« コモンタイムの挿し木 | トップページ | キュウリとニンニク »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト

チョコミント宛てのメール

最近のトラックバック

無料ブログはココログ