« 擬態 | トップページ | 梅雨前の収穫 »

2008/05/28

夜叉五倍子の遊歩道

080518yashabushi01

久々に、近くの里山を歩くことにしたが、

まだ緑色をしたヤシャブシ(夜叉五倍子)の果穂を見かけた!

やがて黒っぽい色に変わるが、お歯黒染めの代用として昔使われたそうだ。

<メモ>

ヤシャブシとハンノキは似ているが、ハンノキは水辺に生える樹なので、

ここは山だからヤシャブシと思う!

種類は、オオバヤシャブシ ヤシャブシ ヒメヤシャブシ ミヤマヤシャブシ

があるが、果穂が2つずつ付いているので、ヤシャブシの筈だ。

果穂の表面がゴツゴツして醜いことから夜叉という名がついたそうだ。

080518hakoneutugi5

アッ!うちの紫陽花と同じやつが咲いてる!と思っていたが・・・

しかし、葉は確かに紫陽花に似ているものの、

紫陽花特有の花形をしていないことに疑問を感じたので、

早速帰宅してチェックしたらハコネウツギだった

自宅の庭では、何も疑問を持たずに眺めていたとは、

何と情けない

080518hakoneutugi9

咲き始めは淡いピンクだが、次第に濃いピンクへと変わるので、

淡いピンクの花と濃いピンクの花が混在して咲いている姿が可愛い!

080518hakoneutugi10

濃いピンクに変わってしまってもキレイだ!

080518mizuhiki07

オヤ? 葉に模様が入っているぞ!そうそうタデ科のミズヒキだったな!

ミズヒキの小さな花が咲く頃に、もう一度訪れてみようと思う

<メモ>

熨斗袋などにかける紅白の水引に花が似ていることからミズヒキと名がついた。

080518karasunoendo12

このように黒く変わったのを見ると、

カラスノエンドウと名がついたことに納得できるなぁ~

080518noazami11

ノアザミの紫色はキレイな色をしているが、

葉のトゲはウサギに食べられないようにする為の自己防衛だそうだ!

0805momizibafuu01

モミジバフウの種殻を拾ったが、本当に不思議な形をしていると思う!

葉も一緒に撮りたかったので、枝にのっけて撮ってみた。

0805250004

ここからは、日曜(25日)の雨上がりの早朝にウォーキングした時に

不思議な光景に出合ったものだが、

一帯が朝露が沢山ついたように白くなっていた。

0805250002

近づいて見ると、雑草に丸い水滴がとまった状態だ!

0805250003

もっとアップで見ると、

水滴が球状についているのが解るが、可愛いような綺麗なような・・・

早起きは三文の得かな?

« 擬態 | トップページ | 梅雨前の収穫 »

里山歩き&ウォーキング」カテゴリの記事

コメント

ピンクの濃淡のお花はハコネウツギって言うんですか

近所に咲いているんですけど、とっても可愛いけど、
名前が分からなくて。。

去年、モミジバフウの実を拾って
クリスマスリースにつけましたよ♪

細かい水滴が噴水のようで綺麗です~♪
手で触ってみたくなります

とても豊かな自然のままの遊歩道ですね。
知らない植物ばかりです
カラスノエンドウは子供の頃に見た覚えがありますが、
他のものは見過ごしてるのか、身近には無かったのか…。
水滴が沢山ついた雑草、本当に不思議な現象ですね。
私も見てみたいです

うぁ~最後の水滴は凄い光景ですね~
くもの巣とかに引っかかってるような・・・そんな感じですね。綺麗だな~

モミジバフウ,思わず「モミジバフン」と読んでしまいそうになりました(笑)
(形もそんな感じじゃないですか?

ハコネウツギの葉っぱは本当に紫陽花にそっくりですね!花は全然違いますけど・・・

あの秋から冬にかけて黒い実をつけているやつ
ヤシャブシと言うんですか雑木雑草にもちゃんと名前が付いているのですね普段、目にしても名も知らず調べた
事もなく勉強不足でした

ヤシャブシ?漢字が読めなかったわ・・・
ハコネウツギもモミジバフウも、チョコミントさんは
何ともまあ・・物知りですね
水滴の様子は綺麗ですね、
これはキツネのカンザシ草に水滴がついてるのですか
雨上がりの早朝のウオーキングは又、新しい発見があり
良いものですね


>ぷりさん

ハコネウツギは、うちの庭のアジサイの隣に植えていますが、
葉の形も似ているし、
咲く時期も大体同じ頃なので、
アジサイの仲間だと思い込んでいました! トホホ

>「去年、モミジバフウの実を拾って
>クリスマスリースにつけましたよ」
形が可愛いですからリースに付けると似合いますよね!
流石にぷりさん!

>テラさん

ミズヒキの花は小さいですが、配色が可愛いですから
是非、ネットで検索して見て下さいね!

>「知らない植物ばかりです」
自分も歩いていて、見慣れている雑草すら
名前を知らないものだらけで、
いつも情けないなぁ~と感じています。
それで、雑草図鑑を時々見て覚えようと
努力はしているのですが、なかなか・・・


>めんたいさん

>「モミジバフウ,思わず「モミジバフン」
>と読んでしまいそうになりました」
あちゃ~ 乗馬がお好きだから
ついそう連想されちゃったのかもですね!
>「うぁ~最後の水滴は凄い光景ですね~」
早朝にウォーキングすることはよくあるのですが、
こんな光景に出合ったのは初めてです!

>よしべえさん

>「ヤシャブシと言うんですか雑木雑草にも
>ちゃんと名前が付いているのですね」
ネーミングが良くないような気がしない訳でも
ありませんが・・・
雑草のボロギクとかハキダメギクなども
酷な名前ですよね!

>クミンさん

夜叉五倍子をヤシャブシとは読めないのが
普通ですよね! ヤシャブシは知っていても
漢字名は知らなかったです

>「これはキツネのカンザシ草に水滴がついてる
>のですか」
水滴ばかり見ていました。それで、
どんな雑草だったか全然見ていませんでした。
キツネノカンザシとは彼岸花の別名のようですが、
キツネノカンザシソウという雑草が
あるのでしょうか??

ヤシャブシという植物初めて見ました。
実はきれいな形をしていると思うけれど 名前を付けた人にはそうは見えなかったんですね。
最後の水滴の写真すごいです。
どうしてこんなに大きくて大量の水滴が葉についていられるんでしょうね。

リンクありがとうございます。素晴らしい紹介文で気恥ずかしいです。
これからもよろしくお願いします。

ヤシャブシという変った植物、お歯黒以外に何か使い道はないのでしょうかね。お歯黒ということは、水分がついても落ちにくいということでしょうか。

水滴、すごく綺麗ですね。朝の爽やかな空気を感じます。早朝のウォーキングなんて、いいですね!

>みずばしょうさん

こちらこそ有難うございます!
そして、今後ともよろしくお願いします

ヤシャブシは、
やがて黒くなってゴツゴツした感じに変わるんですよ!

>かたみちさん

>「お歯黒ということは、水分がついても落ちにくいと
>いうことでしょうか。」
江戸時代までは実際にお歯黒として利用されて
いたみたいですよ!
うろ覚えですが、
鉄クギと一緒に煎じた汁でうがいをして
染めるとかなんとか聞いた事がありますが・・・
鉄分と化学反応して染色剤のようなものに
変わるんでしょうね!?
<蛇足ですが、>
お歯黒の黒の意味は、
黒色が他の色に染まらない
ことから貞淑を表す意味と、
虫歯予防も兼ねてだったそうですよ!
でも、明治になって禁止令が発令されて
お歯黒の習慣もなくなったみたいです。
奇妙な習慣ですね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夜叉五倍子の遊歩道:

« 擬態 | トップページ | 梅雨前の収穫 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ