« 2008年4月20日 - 2008年4月26日 | トップページ | 2008年5月4日 - 2008年5月10日 »

2008年4月27日 - 2008年5月3日の記事

「四日間の奇蹟」の角島へ

0804290030

ゴールデンウィークの29日に、

映画「四日間の奇蹟」ロケ地の角島へドライブに行くことにした。dash

九州自動車道から関門峡を渡り、中国自動車道の下関ICを降りて

山陰の海沿いの国道191号線をゆっくりと走った。

 

豊浦町を過ぎて豊北町へ入るとあと少しだsign01

西長門リゾートホテルのそばを過ぎると、

直ぐに海にかかった角島大橋(全長1780m)が目の前に広がった。happy01

(角島大橋のこの写真は、角島側から本州の方角に撮ったもの)

おぉ~note海の上を渡る爽快感は、特別だ!

<コメント>

綺麗な景色だったので今回は大きめのサイズにエディットしてアップしたので、

真上でクリックすると拡大できる。

 

0804290001

元山を越え、尾山の岬辺りに角島灯台公園で車を停めた。

出発したのが9時なので、約2時間かかったことになる。

<参考>

角島大橋の通行料は無料だが、駐車代300円 灯台参観料200円

0804290015

この角島灯台は、1876年(明治9年)に総御影石で作られた

日本海側初の洋式灯台で、明治政府最初の御雇外人R.H.ブラントン氏(英国)

の指導のもとに建造された灯台だ。

華麗なこの灯台は近代化遺産として高い評価を受けているそうだ!

0804290013

御影石の螺旋階段を105段登って踊り場に出られるようになっている。

勿論、ゴールデンウィーク特有の行列ができているので、

灯台に入るまでの順番待ちは当然のことだ。

(踊り場は狭いので、8人ぐらいの人数制限をされていたので尚更)

0804290004

直下を見下ろすと、足がすくむ思いがして怖いcoldsweats01

0804290003_2

遠くを眺めると海が綺麗だ! しかし潮風も強い!bearing

海岸にも小さく小さく沢山の人が見える。

0804290009

駐車場も車も人も小さく見える。

0804290011

海の色が何色かに見えるキレイな海happy01  風が強い!happy02

0804290016

灯台記念館を見学した後、1年中草花が咲き競うという

夢崎波の公園 を歩いていると、

スミレが自生しているというワイルドガーデンがあった。

しかし、スミレを見つけることは出来なかった??coldsweats01

ゴールデンウィーク期間なのに、草花も数少なかった・・・think

0804290022

「しおかぜの里 角島」のレストランで長い長い順番待ちをし、

やっと食事をすませたら1時半過ぎ!coldsweats01

 

歩いてコバルトブルービーチへ行くと、

白砂と海水が綺麗なので、海だけを何枚も撮った。

0804290025

綺麗な部分だけしか撮る気になれなかったが・・・

家族連れで人出の多いこの海岸にも、

ハングル文字が印刷された漂流物で賑やかだった。angry

0804290019

撮るのに夢中だったら右足を水溜りに突っ込んでしまった!happy02

靴下を濡らしてしまったので、

右足ソックスレスでアンバランスになっちゃった!coldsweats01

<参考>

角島は、山口県西部、下関市豊北町(ほうほくちょう)の沖1.5kmの響灘

に浮かぶ周囲17kmの島で、千人ぐらいの人々が暮らしている。

大浜海水浴場には、ミステリー映画「四日間の奇蹟」のロケ用として

建てられて礼拝堂などもあるので、詳細はネットで!confident

<注意>

今回は、映画のイメージを壊さない為に、

行列や人混みや漂着物を意識的に撮っていないので、

実際の状況よりもかなり美化されているかな?

0804300083

下関のコンビニに寄った時に、山口のタウン情報誌を買ったら

5月のドライブ特集で(角島~吉母)ドライブコースとして紹介されていた。happy01

| | コメント (20) | トラックバック (0)
|

« 2008年4月20日 - 2008年4月26日 | トップページ | 2008年5月4日 - 2008年5月10日 »