« 2008年5月11日 - 2008年5月17日 | トップページ | 2008年5月25日 - 2008年5月31日 »

2008年5月18日 - 2008年5月24日の記事

ビオラの観察

0805viola00

<ビオラの観察>

・スミレ・ビオラ・パンジーなどのスミレ科の花を観察すると

種の飛散方法に興味深いものがある。

「スミレの健気さ Vol.1~Vol.2」でも書いたが、

ビオラが種を飛ばすまでの一連の様子を観察してみることにした。happy01

CMは、定点観察するには根気不足なので、

それぞれの状態を数日間で撮ったものだ!coldsweats01

参考

clipスミレの健気さ Vol.1 3月19日

clipスミレの健気さ Vol.2 3月28日

0805viola01

受粉して種を作り始めた頃は、雨よけの為に(重いこともある)垂れ下がっている。

0805viola02

種が十分成熟して飛散する時期が近くなると、上へ持ち上げるようと頑張る!

出来るだけ高い位置から広く飛散させようとする為だ!

0805viola03

3裂に裂け始める!

0805viola04

3裂に裂け始めても、種はまだ飛ばさないよう大切に保持している。

0805viola05

3裂状態のままで、莢(サヤ)を次第に細く絞り始める!

0805viola06

莢を細く絞り始めたので、種の配列が3列ぐらいに細く並ぶように変わるが、

このまま莢を絞ることで種を勢いよく、360度方向へ飛散させるのだ!

1mを超える飛距離になる場合もあるそうだthink

360度の方向へ飛散させるのに、

最も合理的なように120度120度120度 の3分割にしているのだ。

最初から飛散前の配列にしていないのは、莢の球形に種を合理的に納める為だ!

0805viola07

ほぼ種の飛散を終える状態だ!

0805viola08

全ての種の飛散を終えた・・・。think

0805viola09

飛散できなかった種がまだ莢の中に残っていることもあるので、

次第に莢は枯れ、再び開いて残りの種をこぼれ落とすのだ・・・

 

<観察を終えて>

ビオラが、小さな命を次の世代へと引き継がせるため、

懸命に頑張っている姿を観察したが、

そんな健気な姿が、自分には気高くて美しい姿のように映った!

これからもず~っと応援したくなってしまった。confident

| | コメント (12) | トラックバック (0)
|

ハーブティー&ハーブクッキング

0804herbtea01_2

色んなハーブが茂り始めたが、茂らせるだけでは勿体ないなぁ~・・・

と思い、フレッシュハーブティーを淹れることにしたhappy01

レモンバームレモンタイムを少し加え、ポットで3分間・・・sandclock

0804herbtea02

葉の量が少なかったのか?時間が短かったのか?

少々薄めの色と味の気がしたが、香りは馥郁たるものが・・・confident

カップとソーサは阿蘇のペンションに泊まった時に、

そのペンションで買って帰った思い出のカップだが、

態々ペンションで買って帰らなくても、

何処ででも売っているポピュラーなハーブティーカップだった・・・coldsweats01

0805ikasumispa01

スパを茹でて、イカスミスパを作ってレモンバームを添えてみたが、

何だか蕎麦に見える!coldsweats01

食べるとイカスミスパだが、見ると何とも蕎麦のようで違和感が・・・

スーパーで、「イカスミ炊き込みご飯の素」と云うのがあったので、

スパゲティーに使うと面白いかな?と思いつつ買って帰ったもの。 

0805herb_tempura01pg

天婦羅料理に便乗して、コモンセージの天婦羅と

ルッコラの花の天婦羅を揚げてもらった!

セージの葉は、シソ葉の天婦羅に似たサクサクした食感で

なかなか美味しい!flair

ルッコラの花と葉は、天婦羅にすると苦味が消えて美味しい!

セージの葉とルッコラを摘んで来ただけなので、

「クッキングにチャレンジ」とはならないかもcatface

0805rocket_salad01

ロケットサラダ!これは簡単だぞ!

菜園で採れたサニーレタスサヤインゲンに、

ロケット(ルッコラ)をのせて、

あとはトマトとチーズを添えてロケットサラダの完成!

 

トマト酢とリンゴ酢と米酢と麺ツユをブレンドした

オリジナルビネガーをかけてヘルシーに!

いただきまぁ~すhappy01

0804herbtea03

前回のハーブティーと少し変わったハーブティーにしたくて、

フレッシュミントティーを淹れてみることにした!

ジャパニーズミント(薄荷)とアップルミントスペアミント

レモンバームを適当にブレンドしてみた。

ポットは、無印良品で買ったものだが、

ネイビーのランチョンマットは、天神地下街にあるナチュラルキッチンで買ったもの。

スズランのティーカップは、プレゼントで頂いたもの。

手前のティーカップは、角島の帰りに濡れた靴下の応急替えの靴下

を買うために立ち寄った時に、シルクという百均ショップで1個だけ買ったものだが、

写真で見ると200円には見えないなぁ~coldsweats01

0804herbtea04

ブラウンシュガーを1個加えたら濁ったミントティーになってしまった。coldsweats01

 何だか日本茶のような・・・

0804herbtea05

ミントの刺激が、ブラウンシュガーで少し丸くなった感じで、

好きな味と香りだ!

飲んでいると、ミントの湯気が目にも感じられたconfident

  でも、次回からはシュガーレスで・・・

| | コメント (16) | トラックバック (0)
|

油石鹸水

0805190090

やっと野菜苗が伸び始めた・・・・・。 が、しかし、

CDは、アブラムシは反射光が苦手なので置いているが、

効果は気休め程度かな・・・think

0805150011

近づいてみたらアブラムシが発生しているではないか!bearing

市販の農薬を使用しないで退治する方法として、

牛乳を散布する ・唐辛子液を希釈して散布 ・ニンニク液を希釈して散布

木酢or竹酢を希釈して散布 ・醸造酢を希釈して散布 

などなどあるが・・・しかし、どれも試してみたけれど効果は非常に薄い!

他にも、

バンカープランツの利用(ソルゴーなど) ・防虫ネットで防ぐ

アルミホイル作戦 ・軍手人手作戦 ・黄色バケツ溺死作戦 ・・・etc.

などと言った方法もあるようだが、CMにとっては気が遠くなるような退治方法だcoldsweats01 

 

そこで、アブラムシやハダニの発生が酷い状態の場合は、

油石鹸水を作って散布すると、市販農薬と同じぐらいの効果があるので、

やむを得ない場合は散布して退治するようにしているcoldsweats01

 

油石鹸水の作り方>

0805150008

(1) 2リットルのペットボトルに、

食用油をベットボトルキャップ1杯程度と

天然石鹸液をベットボトルキャップ1杯程度入れる。

今回は、

・天然石鹸液の代わりに

「食器と野菜を洗うことが出来る」

と表示されている食器洗用洗剤を代用して使った。

・食用油は、サラダ油でも天ぷら油として使用済の油を使ってもOK

0805150009

(2)ペットボトル半分ぐらい(1リットル)までを入れてから、

 強く振って混ぜる。

(注)振ってよく混ざるように(1リットル作るのに、)2リットル用のペットボトルを使用した。

0805150010

(3)泡が落ち着くまでしばらく待つと、

石鹸液と食用油と水が白濁した状態で混じった、油石鹸水の出来上がり!

0805150014

出来あがった、油石鹸水をアブラムシにスプレーすると、

効果的だ!(油石鹸水は、原液を使用する)

<油と石鹸を使う理由>

・油と水は混ざらないので、石鹸に含まれる界面活性剤で

エマルジョン(乳濁液)状態にする為と、

界面活性剤で展着性を増すのが目的。

・油分で害虫を窒息死させる為。

<注意>

・野菜には極力使用しない方が好ましいが、

 時と場合によってはやむを得ないと思う。

 安全性を考慮して野菜の収穫時期には散布しない方が良い

 (残留する日数などが不明なので)

油石鹸水に使用する食用油と石鹸水の濃度は、

 使用した後の効果をみながら適当に調整すればOK!

・実際に油石鹸水を作って散布する場合は、

 散布時期・散布量など、あくまでも個人の自己判断でお願いします。

| | コメント (18) | トラックバック (0)
|

« 2008年5月11日 - 2008年5月17日 | トップページ | 2008年5月25日 - 2008年5月31日 »