« 2008年6月29日 - 2008年7月5日 | トップページ | 2008年7月13日 - 2008年7月19日 »

2008年7月6日 - 2008年7月12日の記事

ポピーもペチュニアもクレオメも咲いた!

080710popy01

080710popy02

梅雨が過ぎて暑くなり始めると、

庭に咲く花の種類も数も少なくなってしまう・・・

少しだけ淋しい気もするが、何種類かの花は咲いている!happy01

 

プランターの大きさと同じぐらいのミニ花壇に植えていた

ポピーが咲き始めた!

(ポピーも色んな種類があるので、何というポピーか知らないが)

 

080708petunia01

今、うちの庭を一番彩ってくれているのが、このペチュニアだ!

 

080708petunia02

ペチュニアの後ろにスィートバジルを1本植えていたら、

何故か花壇なのに違和感もないような・・・coldsweats01

 

080708rurimaturi01

ルリマツリ(正式名はプルンバゴ)が、

次々とブルーの花をつけてくれる。think

 

080710kureome01

知人からクレオメ(セイヨウフウチョウソウ)の種を頂いて

春に蒔いていたものだ。

まだ30~40cmぐらいと小さいながらも咲き始めた!happy01

(草丈は1mぐらいになるそうだが、)

 

0807090006

涼しげな色の朝顔も次々と咲き始めた!(ご近所の朝顔)

  もうそこまで暑い夏が訪れている・・・sun

| | コメント (8) | トラックバック (0)
|

ディルの収穫

0807080029

6月はディルが花盛りだったが、その線香花火のような花が枯れ、

種ができたので先日収穫した。

<CM流 収穫手順happy01

1、枝単位で切ってはペーパーバックへ入れ、

 ペーパーバッグのまま数日間陽に干して乾かす。

2、一枝ごと取り出して、両手に挟んで拝むように擦ると

 ディルの種がポロポロと落ちる。

  別のペーパーバッグの中で擦ると種が散らばらなくて便利だ!

0807070015

3、金属ザルにディルの種を集め、大きななゴミや枝などを丁寧に拾ったり、

 あるいは篩ったりして小さな異物を取り除く。

 種に小さな枝が付いているものもあるので、両手で軽くもむと折れるので、

 その折れクズを”さびく”。

 (補足

 ”さびく”とは、九州地方の方言で、

 もともと箕(み)を使ってゴミをとることを言うのだが、

 CMは、箕の風選別原理を応用してザルを揺らしながら”うちわ”で扇ぐが、

 風で軽いゴミだけが飛び、簡単に選別できる。

   応用という大袈裟なものでもないが・・・coldsweats01

4、金属ザルに入れた状態で、更に数日間 陽に干して、完全に乾燥させる。

 ・ハエや虫が来る場合があるので、金属ザルごと

  ”食器乾燥ネット”の中に入れて乾燥させている。

 ・十分乾燥させておかないとカビる場合があるので注意sign01

0807070017

5、十分乾燥させたディルをガラス瓶に詰めて保存する!happy01

 

Futaba Futaba Futaba Futaba Futaba Futaba Futaba Futaba Futaba Futaba Futaba Futaba

<お遊び>  

ディルの種を採った後の枝が何だか綺麗なので、

麻ヒモをぐるぐると巻いてディル筆を作ってみた!happy01

 

筆を作ったら、何か書いてみたくなったので・・・think

半紙に一文字、書いてみることにした!coldsweats01

おっ!筆置きにディル筆を置くと、草木筆らしく見えるぞ!

080708dill_fude01

(参考までに)

・松煙墨と顔彩を使ってみた。

・半紙は、中国製半紙の”楊貴妃”

・一文字は「香」と書いてみたが、香草から・・・think

| | コメント (8) | トラックバック (0)
|

フウセントウワタ

080705fusentowata01

川向うのコンクリートの隙間から根性で生えている

フウセントウワタに気づいたので、

080705fusentowata02

何だか気になるので、遠回りでも橋を渡って近づいてみると、

意外と小さくて可愛い花が咲いていた。happy01

080705fusentowata03

風船状の果実もついているが、

小さなトゲのせいで異様な形状に見えるcoldsweats01

中はどんな感じになっているのか見ようと思い、

持ち帰ることにした。

080705fusentowata04

硬さも大きさも鬼灯(ホオズキ)に似ているが、

切り開いて見るとまだ綿が出来ていない

少々グロテスクなので、サムネイル画像で・・・

 

080705fusentowata05

更に種の入っている部分を割ってみると、

種が出来始めていたが、

やがて風船の中は綿で(タンポポの綿毛のような感じ)一杯になり

秋頃には種をフワフワとまき散らすそうだ!

 

<図鑑で調べてみると>

正式名) フウセントウワタ(風船唐綿)

別名) フウセンダマノキ アスクレピアス

原産地) 南アフリカ原産の亜低木

科・属名) ガガイモ科ゴンフォカルプス属

| | コメント (8) | トラックバック (0)
|

« 2008年6月29日 - 2008年7月5日 | トップページ | 2008年7月13日 - 2008年7月19日 »