« 2008年7月6日 - 2008年7月12日 | トップページ | 2008年7月20日 - 2008年7月26日 »

2008年7月13日 - 2008年7月19日の記事

収穫のうれしさ!

0807190002

種から育てたモモタロウトマトが、やっと収穫できるようになった!happy01

無農薬栽培なので病気にかかる率が高く、

病気にかかったものは次々と何本も抜いは処分!

といった感じで育てているので少し寂しい気はするが・・・

それでも何とか収穫できるまで育ってくれるトマトは嬉しいcoldsweats01

<CMノート> 

自然農薬(ニンニク唐辛子液)に醸造酢を加えて希釈したものを、

何度か散布するだけの無農薬栽培なので、

病気予防には効果がないようだ。

 

0807190004

こちらは、ミニトマトだが、

「今朝は熟れたのが少ないなぁ~」と、つぶやきなが撮っていたら、

ルリが「熟れたのは、今朝はもう採っちゃったわよ!」だってcoldsweats01

0807160009_2

モモタロウトマトの収穫sign03

大玉トマトの収穫はやはり嬉しいものだなぁ~happy01happy01

 

0807180001

18日の朝の収穫!

キュウリ(スーヨー) ・ナス ・オクラ(薄緑色の方がリュウキュウオクラ)

シソ ・スィートバジル ・ミニトマト ・ミョウガ

一日分の食材としては、タップリだな!

「家庭菜園をしていて良かった!」と感じる 幸せな瞬間だ!happy01

 

 

| | コメント (16) | トラックバック (0)
|

マウンテンミントとレモングラス

0807120012

( 後ろは、薄荷 

マウンテンミントの小さな花が咲いた!happy01

今年の4月に苗を植えていたのだが、

木立性なのでわずか3ヵ月で随分と丈が高くなった!

樹形も葉並びも整然としてキレイだし葉の色もキレイだと思う!happy01

<CMノート>

ペパーミントやスペアミントなどは(シソ科・ハッカ属)だが、

マウンテンミントは(シソ科・ビクナンテムム属)で、北米が原産地。

マウンテンミントは、細葉と広葉の種類があるが、

これは広葉のマウンテンミントだ。

 

0807120010

近づいて見ると、小さな花が沢山ついているが、

普通のミントと同じように花も葉もハーブティーや料理にも使えるそうだ。

 

0807120009

小さな花が沢山咲いている様子のアップeye

 

0807160005

レモンバームを越冬することが出来なかったので、

やむなく4月に新しくレモングラスの苗を買い、

大きめの鉢で育てているが、

この頃の暑さのせいで元気に生長している。

 今年の冬は温室で越冬させるつもりだ! coldsweats01

| | コメント (10) | トラックバック (0)
|

はじめての”生姜”作り

080716botankusagi02_2

 

080716botankusagi01_2

今朝、裏庭にポツンと咲いているのに気づいた、

ボタンクサギ(別名: ヒマラヤクサギ ベニクサギ)だが、

中国南部~インド北部辺りが原産だそうだ!

漢字名の”牡丹臭木”から想像できるように、

葉は、catface独特の匂いがするが、花の香りはよい!

 

Futaba_3 Futaba_3はじめての生姜作りFutaba_3Futaba_3

0804300077_2

生姜を植えてみたいと思いつつ、

まだ一度も作ったことがないのだ!happy01

ホームセンターから種生姜を買ってきて、適当な大きさに切り分け、

(切り口から雑菌が入ると思ったので)

乾燥させる為に1日放置することにした。

 

0804300078_2

4月30日

水はけの良い土が適しているそうなので、

”畑土”に市販の”野菜の土”と”モミガラ燻炭”を適当にブレンドして

種苗箱に12個の種生姜を植え付けて、

”芽出し”をさせることにした。

<コメント>

生姜は、発芽に日数がかかるので、

一旦、”芽出し”をさせて10センチぐらいに伸びた段階で

定植するほうがいいそうだ!

 

0804300079_2

モミガラ燻炭がアルカリ性なので、生姜の発芽にどう影響するだろうか?

 

0806050013_2

6月5日

5月がやや気温が低かったせいか、

植え付けから約1か月経って、やっと発芽を始めた!happy01

 

0806230013_2

6月23日

発芽開始から約2週間で、そろそろ定植できそうな感じになった。

 

0806240001_2

6月24日

高温多湿を好み、肥沃で水はけの良い場所を好むそうだが、

何しろうちの菜園では条件にあったスペース確保が難しいので、

キタアカリを収穫した後のスペースの片隅に、

自家製堆肥をすき込んで植えることにした。

 

0807100005_2

7月10日

7月になると、気温上昇と共に元気に伸び始めたので、

表土の乾燥防止の目的で芝生の”刈り芝”をマルチに敷いた。

後は、水を切らさないように気をつければ、

10月頃には何とか収穫できそうな気がするが・・・think

 

0807090002

”モミガラ燻炭”は、小袋だったらモームセンターでも売っているが、

大量に使うのでJAから買って来た。

流石にJAらしく袋もデッカイ!

大きさ比較の為に、「野菜の土」の10リットル袋を置いてみたが、

80~100リットルぐらいはありそうな感じだ!

(袋に内容量は記載されていなかった) 

ちなみに、コスト計算をしてみたが、

「野菜の土」と大体同じになるのでJAの大袋は割安だ!happy01

| | コメント (12) | トラックバック (0)
|

メロン オクラ シシトウ

0807140011

ナスと混植していたスィートバジルは、もう花が咲き始めた!

花穂を摘まないと葉が硬くなって利用しづらくなるが、

次々と花穂がつくので半放任で!coldsweats01

 

メロンも伸び始めたが、

スペースが必要なので菜園の外の通路に這わせているが、

何メロンが生るのか??think

知人Bさんがメロンの種を知人Aさんから貰ったそうで、

その種を育てた知人Bさんが採種したものを

自分が貰って春に蒔いていたものだ!

だからメロンの名前は分からなくなったそうだが、

「非常に甘くて美味しいメロン!」だそうだ!coldsweats01

しかし、マスクメロンのような高級メロンではないのは確かだそうだ! happy01

 

0807130004

昼間は30℃を超える連日の暑さのせいで、オクラが急激に生長を始めた!

左側の草丈が高い方のオクラが、リュウキュウオクラ(丸オクラ)で、

右側の草丈が低い方が、普通のオクラだ。

種を蒔いたのは同じ日だが、

リュウキュウオクラの方が生長が早く、

今、草丈が約80cmに生長している。

0807130001_4

リュウキュウオクラの方は丸みがあり、

実が少々大きくなっても比較的軟らかくて食べやすい。

 

0807130005

普通のオクラは見慣れた形で角があるが、

実が10cm以上ぐらいに大きくなると硬くなってしまうのが難点だ。

毎日チェックして食べごろの大きさの実(大体10cm以下)を収穫すれば、

リュウキュウオクラよりもこちらのオクラの方が

美味しいとCMは思う!happy01

 

0807110005

シシトウピーマンの生長が遅れているが、

この頃やっと収穫できるようになってきた。happy01

シシトウピーマンも”きまぐれ剪定”の半放任で育てている。coldsweats01

 芝生庭の芝も伸び始めたので、

 芝刈りしたものを”刈り草マルチ”として利用している。

0807120013

土曜の朝(12日)の収穫だが、

手前の真っ直ぐに伸びたスーヨーキュウリ(四葉)は約35cmもある。

| | コメント (10) | トラックバック (0)
|

« 2008年7月6日 - 2008年7月12日 | トップページ | 2008年7月20日 - 2008年7月26日 »