« 2008年1月27日 - 2008年2月2日 | トップページ | 2008年2月10日 - 2008年2月16日 »

2008年2月3日 - 2008年2月9日の記事

ピックで開墾

0802070001

もう少し菜園スペースを拡張したくて、

開墾・・・^_^; することにしたが、

何しろ岩盤土地だから”備中鍬”ぐらいではとても歯が立たない!^_^;

それで、ピック(電気ハンマー)を使って岩盤を砕きながら

約20~25cm掘り下げた。

0802070009

大きな岩の塊を土嚢袋に拾って片付ける。

0802080002

縁石とブロックを使って縁を囲み、

シャベルで掘り返しながら岩片を拾うのが大変だ!

篩いにかけるのも重労働になるので、

小さな岩片はそのままに・・・^_^;

0802080006

ストックしていた”菜園土”と”真砂土”を

約15cmぐらい追加し、”堆肥”、”モミガラ燻炭”、

”ボカシ”等も投入してから、

アメリカンレーキーと備中鍬を使って混ぜ込んだ。

僅か約2畳ぐらいの菜園スペースの拡張工事を終えたが、

 

開墾作業は本当に疲れた!^_^;^_^;

Berry Herb Garden(ベリー ハーブ ガーデン)というよりも

Very Hard Garden(ベリー ハード ガーデン)なのだ!^_^;

続きを読む "ピックで開墾"

| | コメント (10) | トラックバック (0)
|

米糠酒粕ボカシ

0802070012_2

去年の夏に”酒粕漬け”で使用した”酒粕床”が古くなったので、

これを利用して、”米糠酒粕ボカシ”を作ることにした。

先ず、酒粕種菌作りをする為に、

「酒粕」と「砂糖」と「米の研ぎ水」を容器に入れて混ぜ、

蓋をしてから黒ビニール袋に入れて、

よく陽の当たる場所に3~7日間ぐらい置いておくと

発酵して種菌ができる。

0802070011

3日後ぐらいにビニール袋を取って見ると、

大夫、発酵が進んでいる。

0802070010

近づいて見ると、発酵して泡が立っているのが分かる。

もう少し酒粕菌を繁殖させたいので、

更に数日間 陽に当てることにした。

0802150034_2

一週間後の2月15日に覗いて見ると、

トロリとした感じの甘酸っぱい匂いがするようになったので、

十分発酵できたようだ!

この酒粕種菌を使用して「米糠納豆ボカシ」作りと

同じやり方で、”米糠酒粕ボカシ”を作ることになる。

(納豆の代わりに酒粕種菌を使うだけ)

 

      ***** 参考 *****

<一般的な酒粕種菌作りの材料>

・酒粕1枚 ・砂糖60g ・米の研ぎ水2ℓ

自分は、”酒粕床”を使うので、

多めの酒粕を使用することになるが、

砂糖以外にも食べなくなった飴なども

適当に入れて、アバウトに”酒粕種菌”を作っている。(^~^)v

 

<ボカシを使う理由とボカシの利用方法>

(ボカシを作る理由) 米ヌカや油カスを菜園の土に直接施肥すると、

土中で熱やガスが発生して根に悪影響を及ぼすので、

米ヌカや油カスに、納豆菌や酒粕菌などの有用菌を

繁殖させてボカシを作ると、

有用菌が有機質の成分を分解してくれているので、

植物の根が養分吸収しやすい状態になっている。

 

菜園の土に元肥として施肥したり、追肥として施肥すると、

植物の根が養分を吸収しやすいので、植物が元気に育つ。

また、土中でも有用菌が繁殖するので、

植物病原菌の働きを抑制する作用もある。

(納豆菌の場合、約30種類ぐらいの植物病原菌の働きを抑制すると言われている)

 

<有用菌の種類>

最も有名な有用菌が、・EM菌だが、

安価でポピュラーな有用菌も沢山ある。

・納豆菌 (最も利用しやすいので、自分は納豆菌をメインで利用している) 

・酒粕菌 (低温でも繁殖しやすいので、冬~初春ごろに使うと良い) 

・天恵緑汁菌・・・ヨモギやアケビなどが、葉面や果実などに

 自己防衛の為に持っている自然付着菌

・土着菌・・・竹藪の落ち葉にある白い”ハンペン”や、

 落葉樹の落ち葉にも付着しているし、良質の畑の土にもいる土着菌。

・メタン菌・・・ 鶏糞 牛糞 汚泥 などなどにある菌

  

などなど他にも自然界には沢山の有用菌が存在する。

| | コメント (10) | トラックバック (0)
|

ラベンダーが咲き始めたが・・・

0802050006

レースラベンダーが咲き始めたが、

少し時期が早いような気がする・・・・

0802050005

ラベンダーは咲かせて眺める他は、

切花にするだけの利用しかしていないので、

1~2本もあれば十分なのかも知れないなぁ~・・・

そんな気持ちでラベンダーを育てていたら、

いつの間にか”イングリシュラベンダー”の方は消えてしまった!^_^;

 

<ラベンダーのアバウト分類>

・イングリッシュ系ラベンダー・・・小さな花穂が沢山つく

・ラバンジン系ラベンダー・・・大型で、高さが1m.ぐらいになる

・フレンチ系ラベンダー・・・楕円形の花穂になる

・その他・・・上の写真のように、葉の形が違う。

  レース編みのようになっているので、”レースラベンダー”と呼ばれる

続きを読む "ラベンダーが咲き始めたが・・・"

| | コメント (16) | トラックバック (0)
|

« 2008年1月27日 - 2008年2月2日 | トップページ | 2008年2月10日 - 2008年2月16日 »