« 初雪とタリーズ福袋 | トップページ | 七菜雑煮 »

2009/01/08

初散歩

0901050074

正月休みの気分転換で、近所散歩に出掛けることにした。

雑草に出会った時は、雑草の生きる知恵や工夫を

ぼんやりと考えながら歩くようにしているが、

雑草も雑草なりに頑張ってるんだよなぁ~

 

ナズナ(ペンペン草)の花が

寒さに耐えながら沢山咲いている場所があった。

<CMノート>

地上の寒風をさけながら、冬でも光合成を行うのに有利なように

 ロゼットスタイルで越冬するが、

 ライバルに負けないよう早春にいち早く花を咲かせるには

 ロゼットの方が有利だからだ。

ロゼットとは、もともと「小さなバラ」という意味で、

 葉を放射線状に地面に張りつくような格好で広がっている葉の形が

 バラに似ていることからロゼットと呼ばれるようになったようだ。 

 ・ナズナ ・タンポポ ・オオバコ ・コオニタビラコなどが

 越冬する時の葉の形がロゼットだが、

 冬でも陽が当たる場所は地温が上がるので

 地面に張りつくようなロゼット葉を広げると、

 風をよけながら直射日光をうけて光合成するのに好都合なのだ。

 

0901050079

陽だまりのような場所にオオイヌノフグリ 別名(ベロニカ)(キャッツ・アイ)

の青い花が咲いていた。

<CMノート>

花の中を良く観察すると、

 キリストの顔が浮かび上がっているような

 模様があることからベロニカと呼ばれているが、

 実はこの模様はハチを呼び寄せる為の模様だ。

   ベロニカとは、十字架を背負ってゴルゴタの丘へ登って行く

   キリストの顔の汗と血をハンカチで拭った女性の名前だが、

   そのハンカチにはキリストの顔が浮かび上がったそうだ。

オオイヌノフグリの花にハチがとまると

 花が揺れるようになっているので、

 ハチが落ちないように”雄しべ”と”雌しべ”にしがみつく。

 つまり花粉をハチにつける目的なのだ。

昼間は花を開いてハチがやってくるのを待っているが、

 残念ながらハチが来なくて他家受粉できなかったとしても、

 夕方になると花を閉じる時に自分の”雄しべ”の花粉を”雌しべ”

 につけて自家受粉させるのだ。

 

0901050076

ホトケノザ 別名(サンガイグサ)の咲き始めているのを見かけたが、

春の七草のホトケノザコオニタビラコのことなので、

これではないよなぁ~

<CMノート>

下唇が広くなっているのは、ハチの着陸スペースの為で、

 ハチが分かりやすいような模様(標識)がある。

上の花びらには、蜜の場所へと導くガイドラインが引かれていて、

 ハチが細長い花の中へ入ると”雄しべ”が下がり、

 ハチの背中に花粉をつける構造になっている。

 

多分、5~6kmの散歩になったと思うが、

歩きながら、雑草も寒さに負けることなく頑張っているので、

自分も、今年はもっと頑張らないとなぁ・・・と思った

 

« 初雪とタリーズ福袋 | トップページ | 七菜雑煮 »

野草・雑草・植物観察」カテゴリの記事

コメント

まだ1月ですよね!?
チョコミントさんのブログはなんだかすっかり春が訪れたようですね。
花たち、子孫を残すためにそれぞれ工夫して進化してきたのですね~。
二重三重に凝らされた工夫、何とも健気ですね。
5~6キロのお散歩、ちょうど良い気分転換でしょうね!

1枚目の雑草はナズナですか?
子供の頃、これでガラガラを作って遊んでました

オオイヌノフグリに混じってヒヨコ草?が見えますね
違ったかも?

オオイヌノフグリもホトケノザも
知らなかったわ。CMさんは何でもご存知ですね

勿論、私は物をしっかり見てないから
今年は物の見方を少し変えてCMさん見習いたいです

 

もうこんなに沢山の花が咲いてるんですね。
数日前の雪景色がウソのようです。
どの花も身近ですが、生き残るためにこんなに工夫があるんですね。
やはりチョコミントさんのブログは今年もとても勉強になります。
私から見るとチョコミントさんは既に充分頑張ってると
思いますのでどうぞ無理されませんように。

冬の寒さの中でも草達は花を咲かせているのですね
ロゼットスタイルとはどう言う形のことを言うんでしょうか?
写真を写しながらの5~6キロだと多分一時間
以上歩いたのでしょうね正月のオーバーカロリーが
少しは解消しましたか

>めりっささん

今年の冬は平年より寒いみたいですが、
ちょっとした陽だまりのような場所では
もう雑草は花を咲かせて頑張っていましたよ!

>5~6キロのお散歩、ちょうど良い
>気分転換でしょうね!
正月は暖かい部屋でだらだらと過ごしていたので、
気分転換にはなりました! でも寒かったですが・・・

>クミンさん

最初の写真はペンペン草とかシャミセン草などと
呼ばれているナズナですが、
春の七草として食べられていますよね!
三味線のバチ(果実)の部分を少しひきさいて
垂らしてから回すとガラガラという音がしますが、
そんな遊びでしょう!懐かしいですねぇ~

時々雑草図鑑を見ながら、
「雑草も奥が深いなぁ~」
と思いながら読んでいますが、
図鑑も面白いものですよ

>テラさん

>もうこんなに沢山の花が咲いてるんですね。
そうなんですよぉ~ 歩いていると、
風が当たらないようなちょっとした”陽だまり”
のような場所では(狭い範囲ですが)
群生するように咲いてるのを見かけました。


ブログは時々独り言のようなコメントを
追記していますが、読んで頂いてありがとうございます。
CMは、色んな意味で最近は減速状態に陥って
いるように感じて反省していますが、
優しい気遣いありがとうございます。

>よしべえさん

>ロゼットスタイルとはどう言う形のことを
>言うんでしょうか?
ちょっと説明不足でした!すみません。
ロゼットとは、・タンポポ・オオバコ・コオニタビラコのように
葉が放射線状に地面に張りつくような格好で
広がるのをロゼットと呼ぶのですよ!
(記事に補足説明で、ロゼットとベロニカの事を追記しますね)

正月のカロリーオーバーの解消には
まだまだ不足でしたねぇ~(笑)

ロゼットってバラの意味だったんですね☆
初めて知りました。

植物ってホント、賢いというか、何と言うか。。
緻密な計算?にビックリです☆

>ぷりさん

>緻密な計算?にビックリです
そうですよねぇ~
種の並び方や葉のでかたなど
けっして自由奔放ではなく、
角度や数などに規則性があるんですよね!

植物から人間が学んでから
数学の法則が考え出されたことが沢山あることを
知った時には、
カルチャーショックでした

雑草と数学法則を簡単に記事にするのも
面白いかもですね・・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初散歩:

« 初雪とタリーズ福袋 | トップページ | 七菜雑煮 »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ