« ハイブリッドミントのパワー | トップページ | 米糠竹菌ボカシ 2 (ボカシ作り) »

2009/04/02

米糠竹菌ボカシ 1 (竹菌培養)

0903150002

3月に山野草展を見に、竹の子の産地で有名な合馬へ行ったが、

帰る途中の竹林を抜ける道沿いに、

ちょっとした駐車スペースがあったので、そこに車を停めて、

竹菌が繁殖していそうな”竹葉の落ち葉”を少しだけ拾って帰った。

 

竹林に入った方が竹菌がしっかり繁殖した

良いハンペンが見つかるのだろうが、

竹の子のシーズン中なので、”竹の子泥棒”と間違われそうだし・・・coldsweats01

増してや、盗掘防止用に高圧電気柵の電線が張り巡らせてあるので、

(7000Vに感電するのも怖い)竹林には入れないようになっている。coldsweats01

0903150005

モミガラ燻炭を少し追加し、黒砂糖液(黒砂糖を水に溶かしたもの)

を垂らしてよくかき混ぜた。

<モミガラ燻炭を混ぜた理由>

木炭やモミガラ燻炭は微細孔が沢山あるので、

菌が繁殖してその微細孔へ住み着いてくれるから 。

つまり、”菌ハウス”

<黒砂糖液を混ぜた理由>

菌が繁殖する為の大好物の食糧となるから。

0903150006

竹菌が好むであろう水分にして容器に入れる。

(海苔の空き容器を利用した)

0903150008

0903150010

太陽熱を吸収しやすいように黒っぽいビニール袋に入れて

陽当たりのよい場所で1週間ぐらい放置すれば、

きっと竹菌が繁殖してくれると思う!

 

< 米糠竹菌ボカシ 2 (ボカシ作り)へつづく >

« ハイブリッドミントのパワー | トップページ | 米糠竹菌ボカシ 2 (ボカシ作り) »

「堆肥」「ボカシ」「自然農薬」作り」カテゴリの記事

コメント

おや!又新しいボカシに挑戦ですか
効き目、作り安さ両方を加味したすぐれものは
何なんでしょうか今は時間の関係で作れませんが
サンデー毎日になったらボカシにも挑戦したいと
思っていますcoldsweats01

竹にも菌があるんですね!
こちらでは本当に勉強になることばかりです。
黒砂糖を混ぜるのには本当に驚きました。
なんだかカビちゃう気がして。
でも菌さえ繁殖すればそれを食糧にするんですね!

これがどうなったら成功なのかも分からないので、
次回がとっても気になります。

うわ~っ竹菌ボカシですか~~(憧っ)

公園などで時々ハンペンを探してみるのですが、
なかなか見つかりません。。

憧れのハンペンです♪

竹林のハンペンって良く聞きますけど、
普通ののハンペンよりも質が良いのでしょうか?

そふぃを連れて今度竹林に探しに行ってみます~♪

すごいですね!
色んなボカシ作りをされていて、とっても
勉強になります☆

この前、普通の生ごみ堆肥作りを今年初めてしましたが、あえなく失敗してしまいました(汗)
温度が足りなかったのかな??

これから子供たちとあちこち遊びに行った時は、足元チェックをしないといけませんね~。
確かに今の時期はたけのこ泥棒と間違われないようにしなくっちゃsweat01


>よしべえさん

>おや!又新しいボカシに挑戦ですか
>効き目、作り安さ両方を加味したすぐれものは
そうなんですよ! 竹菌は初めての挑戦ですが、
やり方はどんなボカシも似たようなものなので
CM流でやってます。happy01

ボカシのお勧めを一つあげるとすれば、
”米ぬか納豆ボカシ”です。
費用はかからないし、手軽だし、効果大ですよ。

費用と手間を考えなければ、
”EM菌ボカシ”や”だるま菌ボカシ”
の方が納豆菌よりも強力で効果大です。

”納豆菌”ばかり使うよりも、
色んな有用菌を使う方が総合的見地から
考えてもいいようなので、
模索しながら頑張っているところなんですよ!happy01

>テラさん

ありがとうございます、
でもCM流でやってますので、
時々失敗することもありますよぉ~
全面的に信用しない方がいいかもですよぉ~coldsweats01

>黒砂糖を混ぜるのには本当に驚きました。
>なんだかカビちゃう気がして。
>でも菌さえ繁殖すればそれを食糧にするんですね!
有用菌が繁殖する環境を整えてあげれば、
猛烈に有用菌が繁殖してくれるので、
カビ菌も腐敗菌もやっつけてくれるんですよ。
つまり、納豆・味噌・漬物・・などの
発酵食品類と同じなんですよ。

黒砂糖でなくても、普通の白砂糖でも構わないですし、
食べなくなった飴をお湯に溶かして使ったりも
した事がありますが、大丈夫でした。happy01

>ぷりさん

>竹林のハンペンって良く聞きますけど、
>普通ののハンペンよりも質が良いのでしょうか?

普通の木炭よりも竹炭の方が効果大ですし、
竹そのものをチップに砕いて竹堆肥にして使うと
色んな病気にかかりにくくなります。
最近は、竹パワーが見直されている時期なので、
竹ブームにCMが便乗した感じかな?coldsweats01

地域やその畑の色んな条件で変わってしまうので、
このハンペンがベストとは言い切れないような
気がしています。

落葉樹林の落ち葉が積もった場所から
採り出した優秀菌群が”だるま菌”
のようなので、
質的には、市販の”EM菌”や”だるま菌”
の方がいいと思いますよ!
(コストが高いのがですねぇ・・・)coldsweats01

>そふぃを連れて今度竹林に探しに行ってみます~♪
ボディーガードのそふぃちゃんがいるので安心ですが、
竹林には”マムシ”が潜んでいることが良くありますので、
竹林の奥深く入る場合は、
長靴を履いた方がいいですよ!

>namiさん

>色んなボカシ作りをされていて、
>とっても勉強になります☆
ありがとうございますcoldsweats01
namiさんが、美味しいパン作りの為に、
色んな天然酵母作りをされているのに
感動&影響されてからですよ!
ですから、
こちらこそ勉強させて貰っていますよ!happy01

>普通の生ごみ堆肥作りを今年初めてしましたが、
>あえなく失敗してしまいました(汗)
>温度が足りなかったのかな??
そうでしたか。(残念)
CMの想像では・・・
水分量が多すぎたのではないでしょうか?
コツをつかめば楽になりますよ。

竹の子は、毎年知合いから頂けるので、
ハンペンはその知り合いの所へ行けば
いくらでも貰えるのは分かっているのですが、
なんだか竹の子目当てのように誤解されそうで・・・coldsweats01


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/405664/28929307

この記事へのトラックバック一覧です: 米糠竹菌ボカシ 1 (竹菌培養):

« ハイブリッドミントのパワー | トップページ | 米糠竹菌ボカシ 2 (ボカシ作り) »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト

チョコミント宛てのメール

最近のトラックバック

無料ブログはココログ