« ハーブティーでティーブレイク | トップページ | パンジー種の低温処理 »

2009/07/13

オカトラノオ

0907_3326_2

やっと出会えたオカトラノオ

近所をウォーキングしていたら道路沿いの畑の隅に

オカトラノオがちょっとだけ群生するように咲いていた。

「灯台下暗し」だなぁ~

声を掛けて一輪だけ頂いて帰った。

 多分、何年か前に山から持ち帰られて

 畑の隅で育てていらっしゃるのだろうなぁ~と思った。

<参考>

わざわざ里山へ行った時の様子 → オカトラノオを求めて里山へ

 

0907_3330e

オカトラノオ(サクラソウ科 オカトラノオ属)に似た

ノジトラノオヌマトラノオもあるが、

沼地に咲くヌマトラノオは花のつき方がまばらなので全く違うし・・・

関東以西には茎に褐色の毛が沢山あるノジトラノオも見かけられるが、

これはほぼ無毛なのでオカトラノオに間違いないと思う!

 

0907_3331

オカトラノオの花の咲き方は面白い。

最初に小さな蕾をつけた花穂が横に伸び、

(蕾の先端部分ほど垂れ下がっている)

小さな花が咲いた穂の部分までが真っ直ぐに立ち上がる。

まだ蕾の先端が常に垂れ下がるその形が

虎の尾のように見えるから岡虎の尾の名がついたようだ。

 注、) このオカトラノオは、道路に垂れ下がるような格好で

    茎が曲がって咲いていたものなので、本来の咲き方と少し違う。

 

サイエンスフェアで頂いた試験管を使って、

自作した”試験管一輪ざし”に水挿ししているが、

何とか発根してくれないかと期待している。

発根してくれると地植えして育てるつもりだが・・・

  自作の”試験管一輪ざし”と言っても、

  木片に試験管サイズの穴を空けただけのものだが・・・(笑)

« ハーブティーでティーブレイク | トップページ | パンジー種の低温処理 »

野草・雑草・植物観察」カテゴリの記事

コメント

オカトラノオってこれですか?
一輪挿しの花瓶にとても素敵にマッチしてますね

3枚目の写真、素敵ー欲しいわ~
無断で戴いちゃお・・ゴメンナサイ
(有り難うございまーす)

試験管で一輪挿しを作る発想が素敵ですね

…トラノオってたくさん種類があって見分けるのが難しそうです。
ベロニカも同じ仲間の植物なんでしょうね。
せっかく山に行ったのに こんなに近くにあったなんて
うまく発根すると良いですね。

↓のハーブティーもこれからの暑い季節にピッタリで美味しそうです。

オカトラノオって最近よく耳にしますが、本当に尻尾みたいで可愛いですね♪

で、また試験管の一輪挿しがおしゃれ~☆
試験管もこんなに素敵に変身できるんですね。

チョコミントさんはいけばなのセンスもあるんですね~。昔フラワーアレンジメントの先生に「じゃんぐるみたい」と言われた私とは大違いで、心の底から羨ましいです

オカトラノオ身近な所にあったのですね
種類は異なるかも分かりませんが北アルプスの登山道
脇で沢山咲いていたのを見た記憶があります
高山植物に出会うと疲れも吹っ飛び次の一歩が出ます
特に高山では強い紫外線から身を守るため色素が多く
色が濃いんですね

くみんさん

>無断で戴いちゃお・・ゴメンナサイ
あっ!こんな写真でよろしければ、どうぞどうぞ!

>試験管で一輪挿しを作る発想が素敵ですね
よく雑貨屋さんなどで見かけますが、
見た時に、これ簡単に作れるじゃん!
と思ってしまうタイプですから・・・(笑)

みずばしょうさん

>ベロニカも同じ仲間の植物なんでしょうね。
ベロニカやヒメトラノオはゴマノハグサ科で
イブキトラノオはタデ科
ムラサキミズトラノオはシソ科
ヌリトラノオはチャセンシダ科
ちなみに、
トラノオという名前のつく植物は多いですが、
トラノオ科もトラノオ属も存在せず、
オカトラノオ ヌマトラオノ コナスビは
サクラソウ科オカトラノオ属になります。

>うまく発根すると良いですね。
ありがとうございます!
今だに発根する気配がありません。
花穂を切り落とした方が発根しやすいのでしょうけどね・・・

namiさん

>で、また試験管の一輪挿しがおしゃれ~☆
>試験管もこんなに素敵に変身できるんですね。
雑貨屋さんでよく見かけますが、
見ると「これ簡単に作れちゃうじゃん」
と思ってしまい、どうしても買う気にならないので
困ったものです!
(もちろん作るのが無理なのは
 買うしかありませんけど)

>チョコミントさんはいけばなのセンスも
>あるんですね~
そうですか?(怪)
でもありがとうございます。
そんな風に言われちゃったのは初めてですよ!
生花はやった事がないですが、
庭づくりをするには生花やアレンジメントフラワー
なども勉強しておいた方が有利でしょうねぇ~

よしべえさん

>北アルプスの登山道脇で沢山咲いていたのを
>見た記憶があります
えぇ~そうなんですか!
よしべえさんはよく登山されていらっしゃいますから
高山植物をよく見ていらっしゃいますね。

オカトラノオの咲くそこの風景が見てみたいです。

>特に高山では強い紫外線から身を守るため
>色素が多く色が濃いんですね
標高によって植物の特徴も変わるのでしょうね!
そういう見方で観察するのも面白そうですね!

トラノオって本当に複雑ですね
属とか科とかは分かりませんが、
とても綺麗な花なのは良く分かります!
根っこが出てきてくれると良いですねえ。

サイエンスフェアーっていうのがあるんですね。
科学についていろいろ展示してるのでしょうか。
そこで試験管がもらえのにもビックリしました。

オカトラノオと一輪ざしの雰囲気がすごくマッチしていていい感じです。
野の花をさりげなく部屋に飾れるセンス、素敵です!

テラさん

>根っこが出てきてくれると良いですねえ。
先日、花穂を切り落とし、毎日水替えもしていますが
まだ発根の様子はないんですよぉ~

>サイエンスフェアーっていうのがあるんですね。
>科学についていろいろ展示してるのでしょうか。
福岡県が年一回開催してる科学実験が体験できる
フェアーですが、(場所は毎回変わり、大学や高校が毎年選定されます)
主に小学生親子が対象です。
もちろん福岡県以外でも開催されていますよ!

双眼鏡を作ったり モーターを作ったり ペットボトルロケットを作ったり・・・
無料で1日遊べるので
科学好きな子は喜びますよ!

めりっさん

ありがとうございます!
寄せ植えや写真の上手な
めりっささんから褒められると
嬉しくなってしまいますが・・・
シンプルな一輪ざしですから
何もすることがないですからねぇ(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オカトラノオ:

« ハーブティーでティーブレイク | トップページ | パンジー種の低温処理 »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ