« ローマンカモミール・ダブルフラワー | トップページ | クレオメとマリーゴールド »

2009/07/01

オカトラノオを求めて里山へ

0906_3152

今週は梅雨前線が刺激されて豪雨が降っているが、

    Illust224_thumb

先週末にオカトラノオが咲いてる頃だろうと思い、

梅雨の晴れ間に遠出して里山の方へ出掛けた。

 

0906_3149

ネムノキが咲いていた。

何で落葉樹のネムノキがマメ科?と思うが、

種子を見るとマメ科に分類されているのが納得できる。

0906_3153

ネジバナ(別名:モジズリ)

ネジバナを観察すると、

左のネジバナ・・・”左巻き”に咲いている。

右のネジバナ・・・”右巻き”に咲いている。

それと、巻かずに一列に並んで咲くネジバナもあるので、

3種類の咲き方をするのが興味深いと思う。

<参考>

”右巻き”と”左巻き”の見分け方は、

近年では植物が伸びる方向と同じ方向で見て、

”右巻き”か”左巻き”かを判断するのが

主流となっている。

しかし、植物学者によっても学説が分かれているようだ。

ちなみに、朝顔のツルは”右巻き”だが、

昔は”左巻き”と学校で教えていたので、

(教科書も”右巻き”に改訂されている筈だと思う)

「アサガオは”左巻き”」と記憶されている方は何歳だろう?

 

0906_3156

椿の実が生っていたが、ちょっと丸長いなぁ~

サザンカだったらもう少し丸くてひと回り小さいだろうし・・・

 

0906_3161

おっ、山百合だ!

0906_3158

見慣れないユリだなぁ~

何と言うユリだろう?と思いながら見ていると・・・

横から「唯のアルストロメリアじゃないの・・・」

「・・・

インカの百合 とか 百合水仙 の別名もあることだし、

ユッ、ユリの一種で・・・(苦笑)

こんな山の中にアルストロメリアを植えなくても・・・

    Illust224_thumb

オカトラノオとは出会えなかったが、

日当たりのよい丘陵地にオカトラノオの咲く風景が大好きだ!

しかし最近は見かけなくなってしまったなぁ・・・

 

« ローマンカモミール・ダブルフラワー | トップページ | クレオメとマリーゴールド »

里山歩き&ウォーキング」カテゴリの記事

コメント

豪雨とのこと、お見舞い申します。

さて、霧が立ち込めた山の景色がとても綺麗ですね。
とても日本らしい景色だと思うのですが、
こちらでも霧はでるし、何が違うんだろう考えると、
山の木の種類ですかねえ。分かりません。

お目当てのオカトラノオは見れなかったようですが、
色んな野草を観察できたようですね。
椿の花はよく知ってますが、実はこんなのなんですね。
初めて見ました。椿が咲いてたところに見に行ってみます。

大変な雨が降っているのに山に行かれたのかと思いました。
先週だったのですね。
お庭のお花や野菜も心配です。
どうかあまり被害がありませんように。

右巻き左巻きのお話興味深かったです。
北半球の植物は右巻きと思い込んでいましたが
ネジバナは左巻きも普通にあるんですね。
それも並んで、不思議です。

ネジバナは我が家にもいくつか咲いています。

どこから来たのか、知らないうちに咲いていて、妻におしえてもらいました。

ネジバナっていう花自体その時に知りました。

オカトラノオ???何だろう??検索してみました
虎の尻尾のようだからオカトラノオと
名前がついたのかしらね

そちらは大雨で水害が出ている所もあるみたいですね
四国の水がめにも降ってほしいです
トラノオは山でよく見かけていましたが穂先が曲がって
いるところが可愛いですね、わざわざ遠出して見に行く
価値ありますよねアルストロメリアは我が家にも沢山
ありますが増えて困るくらい元気な花ですね

テラさん

山の風景は、やはり違いますか?
ヨーロッパの山は、アルプスの山々を短絡的に
連想してしまいます(笑)

椿の実をカタイシと呼んでいますが、
この実を絞ると椿油が採れ、
食用にも美容にも広く昔から利用
されていますが、
椿油を搾る体験教室もありますよ。

みずばしょうさん

豪雨のせいで、遠賀川河口堰には大量のゴミが
集まって、処理に1か月以上もかかるそうです。
処理費用に2000万円の税金が投入されるそうで・・

>北半球の植物は右巻きと思い込んでいましたが
植物固有の巻き方向みたいですが、
右巻きのものを
南半球へ移動させてやると、
どう変わるか興味ありますよね!

ちなみに、
北半球のミツバチを南半球へ移動させると、
帰巣方向と真逆方向へ飛ぶそうですよ!
でも、1か月で習性を自己修正して、
正しい方向へ飛ぶように変わるそうです。
(昔、読んだ本にそう書いてあったのを
 記憶しています)

Dobbs Ferryさん

ネジバナはよく芝生の中に咲いているのを
見かけますが、近づいてアップで見ると
カワイイんですよね!
このネジバナは女性好みなのか?
「カワイ~イ」と言ってるのを聞きます。

クミンさん

オカトラノオは山野草で、
素朴な花なので茶花としてよく活けられていますよね!
ワビサビの心に合うのでしょうか?・・・
車を走らせながらも探したのですが、
残念ながら1本も見つけることができませんでした。

よしべえさん

四国の方は降らなかったのですか?
油木ダムの貯水率は7%で空になるまで
後1週間だとTVニュースで伝えていましたが、
豪雨のおかげで貯水率が60%まで回復した
そうですよ!
四国にも豪雨があると一気に回復するのでしょうが・・

よしべえさんの近くの山や丘ではオカトラノオを
見かけますでしょうか?
もし、もし、見かけられたらブログで紹介して
頂けると嬉しいですけど・・・

オカトラノオはこの近辺では見かけませんねー
500メートル以上の標高でないと無いのでは・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オカトラノオを求めて里山へ:

« ローマンカモミール・ダブルフラワー | トップページ | クレオメとマリーゴールド »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ