« 早朝ウォーキング | トップページ | 唐辛子の収穫 »

2009/10/01

米糠イースト菌ボカシ

090924_4368

パン作り用のドライイースト菌を使って

米糠イースト菌ボカシを作ってみることにした。

<9月23日・・・(イースト菌)種菌おこし>

2ℓペットボトルに「ぶどうジュース」とドライイーストを少し入れ、

で希釈して黒色のポリ袋に入れて発酵をしやすくしておいた。

(飲み残しの「ぶどうジュース」があったの利用しただけだが、

 砂糖を加えるだけでもOK!)coldsweats01

<9月24日>

翌日、発酵状態をチェックしてみると・・・

はやくも発酵を開始したようで発酵ガスの圧力で

ペットボトルが丸くなるほどになっていたのには驚いた!coldsweats01

 

090925_0002

090925_0001

キャップに小さなガス抜き穴をあけて

発酵ガスで圧力が加わらないようにした。

 

090930_0046

<9月30日 イースト菌培養液の完成>

約1週間で甘酸っぱい匂いがするようになったので

イースト菌が増殖している筈だと思う。

ぶどうジュースの匂いとはまた違う甘酸っぱい匂いがしたが、

このまま飲んでよさそうな感じで・・・(笑)

090930_0048

底にオリが溜まっていたので少し振ってみると、

たちまち泡が噴き出した。happy01

 

clover 米糠イースト菌ボカシ作り

090930_0051

<9月30日>

ベラコンに、

米糠(ヌカ)・・・約12~13㎏と、

モミガラ燻炭有機石灰を少々入れて材料の準備。

 

090930_0054

1、 イースト菌培養液を注入

090930_0056

2、水を加える

 適度な水分量になるようジョロで水を

 少しずつ加えながら撹拌する。

 

090930_0057

3、撹拌

 全体の水分が均一になるようによく混ぜて、

 ヌカがポロポロ状態になるぐらいの水分量に仕上げる。

 

090930_0058

4、保水と保温

 米糠の空き袋を被せ、(新聞紙でもOK)

 適度な保温と適度な水分発散が保てるようにする。

090930_0060

更に布を被せて発酵しやすい環境になるようにした。

布を被せる事により、

適度な保温と適度な水分+発酵ガス発散させることができるので・・・

(頻繁にボカシ作りをするので、ルリが布の専用カバーを作ってくれた。)

 

<10月1日>

翌朝チェックしてみると順調に発酵が始またようで、

少し温度が上がり始めた状態なので、切り返しをした。

毎朝、切り返しを繰り返すと

約2週間後には米糠イースト菌ボカシが完成する予定だ!happy01

 

<モチベーションのコメント>

ボカシ肥作りは普段、米糠納豆ボカシを作って利用しているが、

今回はパン作りで使用するドライイースト菌を使用してみると

どうなるかなぁ~・・・と思った!

 

麦からビールを作る時にビール酵母を利用するが、

もともと麦につく天然酵母からそのビール酵母は作られているし、

そのビール酵母からイースト菌が作られているので

イースト菌も天然酵母だとCMは思う。

つまり、

・稲につく納豆菌を使って 米ヌカ(玄米の表皮)←→納豆菌

・麦につくイースト菌を使って フスマ(麦の表皮)←→イースト菌

このパターンをテレコにして、

麦につく天然酵母を使って米糠ボカシを作ってみては?

と考えていたら、実際にやってみたくなってしまった。coldsweats01

 

既にイースト菌・ヨーグルト菌・納豆菌などを混合させて

ボカシ作りをされている方達はいらっしゃるが、

シンプルにイースト菌をメインにしたボカシを作り、

実際に使うと効果はどうなるかな?・・・think

« 早朝ウォーキング | トップページ | 唐辛子の収穫 »

「堆肥」「ボカシ」「自然農薬」作り」カテゴリの記事

コメント

今でも十分素晴らしいボカシを作っていらっしゃるのに
さらに工夫をしてみるなんて
チョコミントさんって研究者っぽいですよね。
それにルリさんも協力されてて
本当にステキなご夫婦だなあと羨ましいです。

これがあの素晴らしい野菜を作る秘訣なんですよね。
そう思うと、ボカシがおいしそうなナスやキュウリに見えてきました!

元がぶどうジュースだった名残で、微妙においしそうな色合いですね~^^;
チョコミントさんは本当にいろいろアイディアが湧き出してくるのですね~。
それを実行してみるところがまたすばらしいです!
ゆくゆくは、植物の品種改良とか…そんな研究をなさってみてはいかがですか?!
チョコミントさんが開発したおいしい果物とか…食べてみたいです!

clipテラさん

>研究者っぽいですよね。
ただの物珍しがり屋さんなだけですよぉ~coldsweats01
>本当にステキなご夫婦だなあと羨ましいです。
性格が180度違うタイプなので、
なかなかそんな感じには・・・(笑)

色んな方のブログを拝見させて頂くと、
ホント皆さん、色んな工夫をされて
いらっしゃるなぁ~・・・
といつも感心させられています。coldsweats01

clipめりっささん

美味しそうな色合いになりましたぁ~(笑)
>植物の品種改良とか…そんな研究を
>なさってみてはいかがですか?!
新しがり屋さんだけのCMには到底無理だと思いますが、
今思うと、その分野は案外好きだったかも
知れないなぁ~・・・と思う事もあります。
学生の頃は只管にエンジニアを目指して
いたものですから・・・
農学の方へ進んだ方が自分に向いていたのかも
知れないなぁ~と今頃思っても遅いですよね!(笑)coldsweats01

チョコミントさんの探究心、本当に素晴らしいですね!
なかなか↑のような発想をされる方っていないと思います。。
チョコミントさんは理系って感じで知的ですよね~。
羨ましいです。

奥様手作りのカバーって愛情がこもってて素敵happy02
優しい奥様ですねheart04

ボカシもパン作り用の酵母も同じ材料で作れるようなイメージがありますが。。。私も今年こそボカシにチャレンジ!したいなぁ~

今度はイースト菌ボカシ肥ですか・・・・
ヨーグルト菌でも出来るそうですが醗酵するものなら
何の菌でも出来るって分けですか? 米麹菌なんかでも
私も夏に納豆菌で作ってみましたが水分が多かったせいか高温になって醗酵はしたんですがサラサラ状態にならず失敗に終わりました。結局は堆肥場に全部入れました

奥様が布の専用カバーを作られたの?凄いclover
ガーデニングを、ご夫婦で楽しまれている
様子が伺えます、私も見習わなきゃ・・・

clipnamiさん

>チョコミントさんの探究心、本当に素晴らしい
>ですね!なかなか↑のような発想をされる
>方っていないと思います。。
そんなふうに言われちゃうとテレますよぉ~(照れ笑)
既に色んな発酵菌でボカシ作りはされいるので、
発想という程でもないのですが・・・coldsweats01

新婚の時は、プリンターカバーなど色々良く
作ってくれていましたが、最近はなかなかそう簡単には・・・という感じで・・・catface

>ボカシもパン作り用の酵母も同じ材料で
>作れるようなイメージがありますが
確かにそうですよね、
namiさんは、「種菌おこし」からされて
いらっしゃるパンづくりの達人さんなので、
酵母菌の扱いには慣れていらっしゃるし、
ボカシづくりは簡単だと思いますね!happy01

clipよしべえさん

>ヨーグルト菌でも出来るそうですが醗酵するものなら
>何の菌でも出来るって分けですか? 
>米麹菌なんかでも
発酵菌でしたら大体使えるとは思いますが、
大切な事は発酵させる為の温度や湿度などの条件を
ボカシづくりの時に合わせる必要があるので、
この点が重要になります。
条件が合わないと、うまく発酵させられないし、
菌の種類によってはやはり特性も違うので
色んな菌を複合的に組み合わせる方が
効果が高くなると思いますよ!happy01

ちなみに四国では、
発酵菌の「えひめ」が有名なようですが、
この「えひめ」は納豆菌+乳酸菌がメイン配合
されているみたいですよ!

>私も夏に納豆菌で作ってみましたが水分が多かった
>せいか高温になって醗酵はしたんですが
>サラサラ状態にならず失敗に終わりました。
夏場は気温が高いので、
どうしても腐敗菌の繁殖が旺盛なので、
水分をが多いと腐敗菌の勢力が強くなってしまいます。原因はおっしゃる通り
水分過多ぎみだった事でしょうね!coldsweats01
夏場は水分を少なめでやった方が失敗がないですよ!
もし水分が少ないと感じられる時は、
その時に水分追加できますから・・・

clipクミンさん

>奥様が布の専用カバーを作られたの?凄い
長年使っていなかった布を、
今回やっと利用したみたいですが、
最近はなかなか簡単に作ってくれなく
なっちゃって・・・
貴重作品かも(笑)coldsweats01

ボカシ肥というのを作った事がなかったので
記事を読んでいながらコメントしませんでした。
でもその間色々と考えていました。
秋には落ち葉を集めて腐葉土を 
台所の生ごみはコンポストで生ごみ肥料にしています。
でもただ自然の力頼みなのですごく時間がかかります。
これらにボカシ肥を振りかけたら 早く良いものができるんじゃないかと。
米ぬかが手に入りづらいのですが 漬物シーズンで
安く売っている今がチャンス!
明日買ってきてさっそくやってみます。
気温が低くなってきているのでビニールハウス内で挑戦です。
どうなるだろう、材料も揃えていないのに楽しみ♪

clipみずばしょうさん

>秋には落ち葉を集めて腐葉土を 台所の生ごみは
>コンポストで生ごみ肥料にしています。
>でもただ自然の力頼みなのですごく
>時間がかかります。これらにボカシ肥を振りかけたら
>早く良いものができるんじゃないかと。

腐葉土&堆肥づくりもきっちりされて
いらっしゃいますね!
コンポストでの生ごみ処理や落ち葉で腐葉土作りに、
発酵促進剤も一緒に投入すると発酵が速いですよ、

EM菌がいいですが、値が張るのでCMは、
発酵促進剤(発酵菌群がは入っている)は、
ホームセンターなどで市販されている
コーランを使用していますが、
米糠納豆ボカシを少量ふりかけても発酵が
活発になりますよ!
唯、自然まかせだとどうしても菌が少ないので
発酵が遅くなっちゃいますねぇ~

>米ぬかが手に入りづらいのですが 
無人のコイン精米機が設置されている所では、
「ヌカはご自由にどうぞ!」と表示されていて、
無料でもらえますよ!
産地直売所でもヌカを買っても15キロで
200~300円程度でしょうか?coldsweats01

アドバイスありがとうございます。
早速 やってみて発酵が始まり 切り返しもしています。
成功しそうです。
ホカホカの米ぬかを楽しんで混ぜています。
楽しいし植物にも良いという事なので
来春も作るつもりでいます。

clipみずばしょうさん

>ホカホカの米ぬかを楽しんで混ぜています。
順調に発酵が進んでいるようで良かったですね!
ホカホカのヌカを混ぜながら思うのですが・・・
この中に入ると砂湯のようで気持ち良さそうですよね。
(笑)coldsweats01
>楽しいし植物にも良いという事なので
>来春も作るつもりでいます。
作業を楽しいと感じられる方と
面倒と感じられる方の2タイプの人に
分れるみたいですよ!

発酵熱や湯気から生命力が感じられるし、
継続する気持ちも湧いて来るよう思います。happy01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/405664/31596982

この記事へのトラックバック一覧です: 米糠イースト菌ボカシ:

« 早朝ウォーキング | トップページ | 唐辛子の収穫 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト

チョコミント宛てのメール

最近のトラックバック

無料ブログはココログ