« 辛みそ | トップページ | 大根の初収穫とブロッコリー »

2009/11/06

どちらが速いか?

0911_0622

柿が色づき、稲刈りを終えた頃の田圃を見ると

時々少年時代のことを想い出すことがある think

 

0911_0625

説明用に作成した田圃の図で、(薄茶色は道路)

CMが小学校低学年の頃、

Bの辺りで田圃に向かってブーメランを投げて遊んでいた。

ブーメランはうまく投げると返ってくるが、

投げ方がまずいと返らない!

返らない時はブーメランを走って取りに行くしかないが・・・

そんな単純なブーメランの一人遊びをしているCMの様子を

近くにいた父が見ていた。

 

たまたまA地点にブーメランが落ちた時に

CMがブルーラインで走って取りに行こうとすると、

「バカ、直線で(オレンジラインのこと)取りに行く方が速いだろうが!」

と父が言うので、

「こっちの方が速い!」

とCMが言うと、

「三角形の二辺よりも一辺の方が距離が短いだろう!」

「一辺も二辺も関係ない!」

「おまえが速いと言うのだったら、俺が直線で走るから競争してみるか?」

と、父が言いだしたので、競争することになった。

つまり、B地点からA地点へどちらが速いかの競争で、

父がオレンジラインを走り、CMがブルーラインを走る!

 

<1回目>

田圃の真ん中辺で父が稲の切り株につまづいてこけたので、

中止。

<2回目>

CMが余裕で勝った!

「うぅ~ん もう一回!」

「いいよ」

<3回目>

父が気合を入れて走るようだったので、

子供ながらもCMは絶対に負けたくない一心で必死で走り、

ぎりぎり勝てた!happy01

 父がゼーゼー息で、

「三角形の一辺の方が短いんじゃ」

「僕の方が速く着いた! 二辺走っても勝ったじゃん

 もう一回競争してみてもいいよ!」

「バカが!」pout

と父に怒られたが、

路を走った方が走りやすいからそうしていただけなのだが・・・think

 

想い出す度に、

その時の父は数学の事を教えようとしていたのか?

それとも人生の歩み方を教えようとしていたのか?

どちらを歩む方が賢いのか、(人生の道を歩むという意味)

今でも解らないでいるが・・・。think

 

<ちなみに>

競争した距離を計算してみると、

一反は300坪なので、

300坪×3.3㎡=990㎡になる。

計算しやすいように正方形の田圃とすると、

一辺が約31mの正方形なので、

ブルーラインだと31m×2辺で62mになり、

オレンジラインは、√2×31m=43.8mになる。

CMが62m走り、父が44m走った計算になる。

  想い出すたびに、

  若さはバカさに似たものがあるなぁ~と思う(笑)

 

« 辛みそ | トップページ | 大根の初収穫とブロッコリー »

その他」カテゴリの記事

コメント

数学の公式を実戦で愛息に見せる事ができなかったお父様 お気の毒ですweep
でも楽しい思い出ですね。
わたしは小学5年生の時 母と競争して負けた悔しい出来事を思い出しました。
今なら勝てるのにな~happy01

息子にバシッと数学を教えたかったお父様…お気持ちはよくわかりましたよ!(笑)
お互いにムキになっている感じが微笑ましいです。
きっと「似たもの親子」なのでしょうね!
何気ない日常も、今ではやさしい思い出ですねー。
ところで、「田んぼの中を突っ切って走ってはいけない」という教えは無かったのですね~…^^;

すごいお父様ですね!!
体を張っての教え方、今時の親である私も見習わなくては・・・
でも↑の例だと我が家でも負けるかな~(汗)

このお父様の3回のトライもすごいと思いましたが、チョコミントさんが下できちんと計算されているところもすごいな~と思ってしまいました!

私は、迷わずオレンジを走ります
近道が好き、イエイエ・・楽人間です

詳しく説明しないで
貴方ならどちらを走るって?
主人に聞いてみたら=オレンジを走るだって。


稲刈りの済んだ田んぼだと入ってもかまわないので
無駄な事をするより近い道をとの教えなのか真意は
分かりませんが他人の田んぼなら私もブルーラインを
走ったと思います。靴も汚さずに済むしねcoldsweats01

clipみずばしょうさん

子供が成長すると親は子供の足にはかなわなく
なりますよね!(笑)happy01
でも、木登りはいつも父に負けていました!
>わたしは小学5年生の時 母と競争して負けた
>悔しい出来事を思い出しました。
女の子なので、いい勝負だったのでしょうね!
多分、小5の男の子だったら勝負は明らかですね!

clipめりっささん

多分、父は単純に図形の事を教えたかったのだろうと
思いますが、子供ながらも父に勝つ自信があったので
面白半分の気持ちがあったような気がします!coldsweats01

>ところで、「田んぼの中を突っ切って走っては
>いけない」という教えは無かったのですね~…^^;
えっ!そうなんですか?
こちらの田舎だと刈り終わった田圃は、
子供の遊び場状態でしたよ!
(地主から怒られることも全くなかったですが・・・)
冬に入る頃になるとトラクターで耕すので
その時期までだったら何ら問題ないと思いますが・・・
でも、近年では子供は田圃で
走り回ること自体なくなってしまいましたよね!(笑)

clipnamiさん

>体を張っての教え方、今時の親である私も
>見習わなくては・・・
親は体を張っても、子供としては面白半分で・・(笑)
>でも↑の例だと我が家でも負けるかな~(汗)
それはないですよ!腹筋が割れているパパさんですから
小学生相手では勝ち目がないですよ!

>このお父様の3回のトライもすごいと思いましたが、
多分、この距離だったら父が勝てると思ったから
でしょうね! 
親が思う以上に子供は成長してるのでしょうか?(笑)
腕相撲もよくしていましたが、
父に勝てたのは中学2年か3年だったと思います。
namiさんちも親子勝負はいかがですか?happy01

clipクミンさん

>私は、迷わずオレンジを走ります
>近道が好き、イエイエ・・楽人間です
やはりそうですか! 
確かに直線で行きたくなりますよね!(笑)

>主人に聞いてみたら=オレンジを走るだって。
なるほどなるほど!
大人だからでしょうね!
子供はハンディーがあっても
走るだけだったら大人に勝てるという
自信があるからそうしたのだろうと思いますね!(笑)

田圃でつまずいて転んだ父の姿が見て
子供ながらに笑ったものですが、
親の必死さは子供にはなかなか伝わらないのを、
今更、父の立場になって反省させられていますよ!coldsweats01


clipよしべえさん

>他人の田んぼなら私もブルーラインを
>走ったと思います。靴も汚さずに済むしね
刈り終わった田圃であれば、トラクターで耕すまでの
期間は田圃で走り回ってもOKでしたが、
犬を連れて入るのはダメだったですね!
(犬は糞尿をするから)
ブルーラインの方が「急がば周れ!」とも
考えれないこともないですしね!
靴が汚れないと考えるのは、
現代っ子タイプかな?(笑)happy01

素敵な思い出ですね。
お父様は数学を教えたかったのね。
もしかして、人生を教えたのは、チョコミントさんの方だったりして・・・

clipのんのんさん

>人生を教えたのは、チョコミントさんの方
>だったりして・・・
父は温厚ながらも突っ走るタイプだったので、
真意は解りませんが、
自分が人生経験を重ねると共に考え方も見方も
変化してしまうんですよね!
遠回りしても楽な平坦な人生をおくるか?
それとも人生目標に向かって起伏があろうと
最短距離で進むべきか?
今は、どちらも正しいと考えるようにした方が
いいのではないかと思っています。think

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/405664/32096642

この記事へのトラックバック一覧です: どちらが速いか?:

« 辛みそ | トップページ | 大根の初収穫とブロッコリー »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

チョコミント宛てのメール

最近のトラックバック

無料ブログはココログ