« 2009年6月14日 - 2009年6月20日 | トップページ | 2009年6月28日 - 2009年7月4日 »

2009年6月21日 - 2009年6月27日の記事

2009/06/25

ラズベリーサワーが出来た!

0906_3100

6月6日に作ったラズベリーサワーが約3週間経ったので

果肉と種を取り除く為にステンザルで漉したら、

やや淡い赤ワイン色のようなラズベリーサワーが完成した。

 <参考> ラズベリーサワーを作った時の様子 → ラズベリーサワー

 

0906_3102

早速、ラズベリーサワーゼリーを作り、

ヨーグルトに添えて食べてみると、爽やかな味で美味し~い!happy01

3倍で濃いめの味なので、5倍希釈で作っても

ラズベリーの風味は十分だろうと思った。

(むしろ5倍希釈の方がお勧めかも)

透明色のゼリーは梅サワーゼリーだが、

こちらもなかなか美味し~い!happy01

 

<CM流アバウトレシピ>

Illust248_thumb ラズベリーサワーゼリーIllust248_thumb

・ナベにラズベリーサワーを入れ、水で3倍~5倍ぐらいに希釈し、

  レモン果汁と砂糖を加えて好みの味に調整する。

・熱した後に粉寒天パウダーを入れて溶く。

・型に入れて冷蔵庫で30分ぐらい冷やす。

 

0906_3106

ラズベリーサワーの色がワイン色なので

ワイングラスにそそいでみたらキレイな色!happy01

 

0906_3108

水で約3倍希釈ぐらいにして飲んで見ると・・・

ラズベリーの香りがして甘~い!

でも、ちょちょっと甘すぎかな coldsweats01

 

0906_3112

更に水で約5倍希釈?にすると・・・

爽やかに甘酸っぱく、

ほのかにラズベリーが香るラズベリーサワーになった!

もっと薄くしてハチミツ&レモン果汁を加えてもいいかなぁ~happy01

 実際の色は、もっとピンク色に近い色だが、

 デジカメで撮るときれいなピンクに撮れなかった。

Illust248_thumb印象

ラズベリーサワーも美味しいとは思ったが、

夏は梅サワーの方を選ぶかなぁ~

ラズベリーサワーは寒天ゼリーにする方がいいかも知れないなぁ~・・・happy01

 

2009/06/24

ミントリーフ

0906_mintleaf01

ミントリーフ (シソ科 プレクトランサス属 ) 

 正式名: プレクトランサス・バリエゲィテッド ミントリーフ

 別名: プレクトランサス・コレオイデス 別名: スウェーデンアイビー

苗を植えて2か月経ったが、かなり株も大きくなってきた。

そろそろ白い花が咲いてくれるかな?

  

0904_mintleaf01

4月にガーデニングショップの店頭で

「ミント」とだけ表示されているミント苗に出会った。、

触るとプラスチックで出来たような硬い葉で珍しいなぁ~・・・happy01

「ハーブのミントの一種だろうが、正式名は何だろう?」

と思いながら買って帰ってプラ鉢に植えつけた。

 

調べてみると、ミントの香りのする観葉植物で、

プレクトランサス・バリエゲイテッド ミントリーフというものだった。

(”ミントの香り”と言っても、ミントほどの強い香りではなく

微かにミントのような・・・と言った感じの香り)

4℃以下になると枯れるそうだが、

冬場でも10℃以上で育てる必要があるそうなので

室内用観葉植物として育てることになりそう・・・・coldsweats01

 

2009/06/22

トマトとナス

0906_3068

今年は、トマト苗を植え付ける時に”干しミカン皮”を入れて育てているが、

既に中玉トマトの2本が病気に罹ってしまったので早々に処分した。

残る中玉トマトはこの1本だけになってしまったので、

”干しミカン皮”も病気予防効果に疑問を感じている・・・catface

clover 土の消毒したり、ナス科の連作をやめれば

  大玉トマトも育つのだろうけど・・・

  まだまだ「野菜作り修行」が足らないなぁ~coldsweats01

<参考>

青枯病の無農薬救済の裏技

青枯病はナス科以外にも多くの植物が罹るが、

発病したら直ぐに抜いて焼却し、他への伝染防止をするのが望ましい。

しかし、トマトやナスの発病初期(2~3日以内程度)だったら

CMは、次の裏技で救済している。

手順)

1、バケツに水を半分ぐらい入れる。

2、消石灰を移植コテで1~2杯入れて溶かし、石灰水を作る。

3、根元の周りに、土で直径30cmぐらいの水鉢を作る。(水たまりスペース)

4、作った石灰水をその水鉢へ全部流し込む。

5、翌日、もう一度石灰水を作って流し込む。

6、5項を 2~3日繰り返すことにより、青枯病が治る。

注)この裏技は、

強アルカリ水で根と根周りの土の病原菌を殺菌して治すという方法だが、

2~3日繰り返しても治らない場合は抜いて処分するしかない。coldsweats01

  

0906_3073

ミニトマトの方は今のところ元気に育っている!happy01

0906_3070

ポツポツと赤く熟れ始めたので、

毎朝少しずつ収穫しているが消費の数の方が多くて・・・coldsweats01

 

0906_3074

昨年のナスは、

ニジュウヤホシテントウの被害にあって散々だったが、

今年は被害もなく順調のようだ!happy01

しかし、この頃は野菜に自然農薬の散布を休止中なので、

いつ害虫やアブラムシがつくのか心配で・・・coldsweats01

0906_3077

省スペース栽培目的で2本仕立てで育てたつもりだったが、

いつの間にか一般的な3本仕立てになってしまって混雑している!coldsweats01

Img_3062

他の野菜も茂り始めた。

 左上: ミョウガ 上右:四葉(スウヨウ)キュウリ

 中央: シソ (花が咲いているのはパセリ)

 左下: スィートバジル

0906_3016

6月18日

 

0906_3033

6月21日

 

0906_3089

6月22日

 

毎朝少しずつ収穫しているが 、

収穫の種類と量に合わせて夕飯メニューも変わる

今日この頃で・・・(笑)coldsweats01

 

« 2009年6月14日 - 2009年6月20日 | トップページ | 2009年6月28日 - 2009年7月4日 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト

チョコミント宛てのメール

最近のトラックバック

無料ブログはココログ