« 2009年10月25日 - 2009年10月31日 | トップページ | 2009年11月8日 - 2009年11月14日 »

2009年11月1日 - 2009年11月7日の記事

2009/11/06

どちらが速いか?

0911_0622

柿が色づき、稲刈りを終えた頃の田圃を見ると

時々少年時代のことを想い出すことがある think

 

0911_0625

説明用に作成した田圃の図で、(薄茶色は道路)

CMが小学校低学年の頃、

Bの辺りで田圃に向かってブーメランを投げて遊んでいた。

ブーメランはうまく投げると返ってくるが、

投げ方がまずいと返らない!

返らない時はブーメランを走って取りに行くしかないが・・・

そんな単純なブーメランの一人遊びをしているCMの様子を

近くにいた父が見ていた。

 

たまたまA地点にブーメランが落ちた時に

CMがブルーラインで走って取りに行こうとすると、

「バカ、直線で(オレンジラインのこと)取りに行く方が速いだろうが!」

と父が言うので、

「こっちの方が速い!」

とCMが言うと、

「三角形の二辺よりも一辺の方が距離が短いだろう!」

「一辺も二辺も関係ない!」

「おまえが速いと言うのだったら、俺が直線で走るから競争してみるか?」

と、父が言いだしたので、競争することになった。

つまり、B地点からA地点へどちらが速いかの競争で、

父がオレンジラインを走り、CMがブルーラインを走る!

 

<1回目>

田圃の真ん中辺で父が稲の切り株につまづいてこけたので、

中止。

<2回目>

CMが余裕で勝った!

「うぅ~ん もう一回!」

「いいよ」

<3回目>

父が気合を入れて走るようだったので、

子供ながらもCMは絶対に負けたくない一心で必死で走り、

ぎりぎり勝てた!happy01

 父がゼーゼー息で、

「三角形の一辺の方が短いんじゃ」

「僕の方が速く着いた! 二辺走っても勝ったじゃん

 もう一回競争してみてもいいよ!」

「バカが!」pout

と父に怒られたが、

路を走った方が走りやすいからそうしていただけなのだが・・・think

 

想い出す度に、

その時の父は数学の事を教えようとしていたのか?

それとも人生の歩み方を教えようとしていたのか?

どちらを歩む方が賢いのか、(人生の道を歩むという意味)

今でも解らないでいるが・・・。think

 

<ちなみに>

競争した距離を計算してみると、

一反は300坪なので、

300坪×3.3㎡=990㎡になる。

計算しやすいように正方形の田圃とすると、

一辺が約31mの正方形なので、

ブルーラインだと31m×2辺で62mになり、

オレンジラインは、√2×31m=43.8mになる。

CMが62m走り、父が44m走った計算になる。

  想い出すたびに、

  若さはバカさに似たものがあるなぁ~と思う(笑)

 

2009/11/05

辛みそ

091103_0572

菜園で育てている唐辛子は、食用に収穫した残りは、

自然農薬作りに使用するようにしているが、

全部の唐辛子を抜いて片づけながら収穫したら結構な量になった!

0911_0574

小さな青唐辛子も沢山混ざっていたので、

柔らかくて美味しそうなのを選びながら・・・

突然、クラインガルテンライフの事を思い出した!

そうだ!クラインガルテンの悠々自適生活されていらっしゃる方の

ライフスタイルのことを思い出して、「青唐辛子みそを作ろう!」happy01

  <TV紹介されていた様子>

  ご主人が定年退職された後、クラインガルテンにご夫婦で居住され、

  菜園で色んな野菜を育てながら夫婦分担で料理などを作って

  生活そのものを楽しんでいらっしゃったが、

  丁度、ご主人(元料理人)が青唐辛子を収穫して青唐辛子みそ 

  を作られる様子などが紹介されていた。

  0911_0576

    Illust304_thumb

折角だから青唐辛子生姜ニンニクも加えて

辛みそ作りに変更。coldsweats01

<簡単レシピ>

・青唐辛子・生姜・ニンニクをフードプロセッサーで粉砕した後、

 オリーブオイルで炒める。

・砂糖とみそ(半自家製甘口味噌を使った)と白ワインを加えて

 煮つめる。 (白ワインは料理酒の代用)

試食してみると、予想を越えた大辛で!happy02

 

小さい青唐辛子でも、今頃収穫したものは凄く辛くなっていたし、

小さいのに種もしっかり出来ていた・・・

フードプロセッサーでも種が砕けなかったが、

でも種はオイルで炒めたら大丈夫と思っていたが・・・catface

  全然ダメだった!(笑)

 

0911_0578

完成した段階では、どうすることも出来なかったので、

ステンザルでうらごしをして種をとり、

何とか辛みその完成!coldsweats01

  Illust304_thumb

2009/11/02

アピオスの収穫

0910_0486

アピオスの蔓が枯れたので、収穫してみることにした。

蔓の周りをシャベルで少し掘り、

蔓を引き抜くとアピオス芋がゾロゾロと顔をだしてきた!happy01

<参考> アピオスの花が咲いてる時の様子→→ 野菜 野菜

 

0910_0487

昨年収穫した後、

小さなアピオス芋を種芋に残しておいたものが

大きくなった2年目のものだが、大きいものでこの程度かな。

もっと大きく育つのだろうが・・・

 

0910_0493

全部でこの程度の収穫!coldsweats01

芋が数珠のようにつながっているのが面白い!

 

0910_0496

小さい芋は、来年を期待して

種芋として再度植えつけておくことにした。

 

0910_0497

収穫までまた一年かかるので、

アピオス専用コーナー(1㎡ぐらいかな?)になってしまうが・・・

このスペースはもともと岩床土で痩せているので

アピオスだったらほっといても何とか育ってくれるので、

いいかも知れないなぁ~think

 

0910_0520

 カボチャとアピオスの生姜風味の煮物

里芋のホクホク版のようで、なかなか美味しいなぁ~!happy01

インデアンが戦いに行く前にアピオスを食べたそうだが、

アピオスをどのように料理して食べたのだろうか・・・?

他には、

アピオスご飯とアピオスのテンプラとか・・・think

« 2009年10月25日 - 2009年10月31日 | トップページ | 2009年11月8日 - 2009年11月14日 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ