« 桜並木 | トップページ | セイヨウタンポポ »

2010/03/31

シハイスミレとフデリンドウ

100328_2564

桜を見ながら公園内の遊歩道を歩いていると、

ひっそりと咲いているスミレに出会った。

葉の裏が紫色をしていることから

紫背菫(シハイスミレ)と呼ばれているスミレだ。

 花を撮るのに気をとられ、葉裏を撮るのを忘れていた・・・

100328_2565

シハイスミレ スミレ科 スミレ属 (漢字名:紫背菫  英字名:Viola violacea)

 

100328_2569

再び遊歩道を進むと、明るい林道にフデリンドウが咲いていた。

「林道だからリンドウが咲くのか!」 (一人ジョーク 笑)

花が蕾の時に横から見ると筆の形に似ていることから

筆竜胆(フデリンドウ)と名がついたようだ。

100328_2570

フデリンドウの右下に落ちているドングリの大きさと比べると

大きさが分るが、かなり小さい花で、

一般的に草丈10㎝以下ぐらいかな・・・?

 

 思いがけずに出会えて何だか良い日に思えた・・・

 

« 桜並木 | トップページ | セイヨウタンポポ »

野草・雑草・植物観察」カテゴリの記事

コメント

シハイスミレというのはまだ見たことが無いスミレです。
こちらには余り無いということです・・・(チェックしてみました)
とても品のいいスミレですね。
フデリンドウがもう咲いているのですか?
こちらでもそろそろなのかも知れないので見に行かなくては。
これも小さくて健気な雰囲気のリンドウですね。

リンドウって、秋のイメージでしたが・・・
こんな可愛らしいのが春に咲くのですね

スミレはたくさん種類があって見分けるのは難しいです。
わたしは全部”スミレ”と一くくりにしていましたが
種類を調べるのも面白そうです。
シハイスミレのようにはっきりした特徴があると見分けやすいですね。
フデリンドウのブルー とっても素敵な色です。

sage55さん

シハイスミレは中部地方以西に分布している
みたいですね!

>フデリンドウがもう咲いているのですか?
こちらでは3月頃から咲き始めるので、
ちょうどスミレと同じぐらいの時期に見かけますね!

mewさん

>リンドウって、秋のイメージでしたが・・・
リンドウは秋のイメージがありますよね!
これは春に咲くリンドウの一つですが、
小さくて陽当たりを凄く好むんですよ!

みずばしょうさん

スミレの種類は非常に多いし、
似てるので同定も難しいですねぇ~
スミレの観察会にも参加した事があるのですが、
解説する方もスミレは良く分らないからなぁ~
と自信なさそうでしたよ!

葉の裏が紫色をしているスミレってあるんですね
花の形もノジスミレとは少し異なっていますが
こちらも凛としていて可愛いですね
>「林道だからリンドウが咲くのか!」 
 パチパチパチ 座布団一枚
こちらもどんぐりと違わないくらい小さな花ですが
気品があって綺麗です

よしべえさん

>葉の裏が紫色をしているスミレってあるんですね
葉裏を撮るのを忘れていたのを後悔しています。
すみません、ネットで検索して見て下さいね!

座布団
サンキューです(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シハイスミレとフデリンドウ:

« 桜並木 | トップページ | セイヨウタンポポ »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ