« 2010年8月1日 - 2010年8月7日 | トップページ | 2010年8月15日 - 2010年8月21日 »

2010年8月8日 - 2010年8月14日の記事

2010/08/11

サワーと田作り

1007_1179

今年も作ったと言うか・・・

作ってしまった梅サワーベリーサワー

梅サワーに少しベリーサワーを加えて水で割ると、

ピンク色の梅ベリーサワーになるが・・・

しかし、条件を変えて何度撮っても、

(実物の色に近いピンク色の)淡くてキレイなピンク色が撮れない!

PCに取り込み、

ペイントソフトで微妙にカラーバランス調整をして

実物に近いピンク色がでない!  うぅ~ん難しい!catface

1008_1669

ベリーサワーの混合率を変えても、

光の角度を変えて撮っても・・・ 

どう四苦八苦してもキレイなピンク色が出ない!coldsweats01

 

1008_1667

この頃、ゴーヤが次々と収穫できるようなったが、

少々余りぎみになってきたのでゴーヤレシピをネット検索して

ゴーヤの佃煮を何種類かルリに頼んで作ってもらった。

でも、「何だかなぁ~」の感じだった。

それで、

何とかならないかと二人で考えたすえに作ったのが、

ゴーヤの田作り! 「おぉ~食べるのがクセになるほど美味しい!」

少しカリっとした食感と、苦みもほとんど感じられない!

 

  <超アバウトレシピ>

  ゴーヤを薄切りにし、苦み抜きをしてから2~3日ほど陽に干す。

  油で素揚げしてから、味噌と酒と砂糖で田作り風に仕上げる。happy01

 

1007_1239

口直し?に、オーシャンブルー(琉球朝顔)の写真!(笑)

2010/08/09

河内貯水池をウォーキング

100801_1415

この頃は特に暑過ぎで、ウォーキングする気になれない!

でも早朝の河内だったら少しは涼しいだろう思い、

ウォーキングに出掛けてみることにした。

(旧)八幡製鉄所(現)新日鉄の用水を確保することを目的作られた

河内貯水池(北九州市八幡東区)だが、

周囲約7kmはサイクリングロードが整備されていて、

ウォーキングもできるようになっている。

 

100801_1421

貯水池にかかる鉄骨トラスト構造の南河内橋は、

形から魚形橋と呼ばれているが、何故かめがね橋とも呼ばれている。

100801_1420

国の重要文化財として指定されている

この南河内橋(歩行者専用の橋)を渡って歩く・・・

  静かだぁ~

100801_1425

遠くに皿倉山山頂が見える。

 

100801_1426

これが有名な河内堰堤(えんてい)

高さが189m、堰堤の底幅は34.1mある。

100801_1427

自然石とセメントで作られたこの堰堤は、

大正8年(1919年)に着工され、昭和2年(1927年)に完成したそうだが、

工期は約8年かかっていることになる。

着工当時は日本一のダムとして完成する予定だったそうだが、

完成した時には日本有数のダムとして完成したそうだ。

(木曽川の大井ダムがその前に完成した為)

 

100801_1431

中央部分にある取水塔も石材で作られていて、

歴史と重厚さが感じられる。think

100801_1432

製鉄所長官 中井励作氏が揮毫された書と名が刻まれている。

<参考>

 風雨龍吟の意味は、龍吟ずれば、風雨来る。

つまり水の恵みを望む意味の書で、

易経にある、龍吟雲起乕嘯風生(龍が唸ると雲が起こり、虎が吼えると風が生じる)

から引用されたのではないかと思うが、

詳しくは知らないけど・・・coldsweats01

 

100801_1434

100801_1437

100801_1417

山野草が見れると期待していたが、

咲いていた花は民家の庭先に咲いていたこのユリぐらいだった・・・

 

堰堤などを眺めながら建設当時の様子を想像しながら歩いたので、

ウォーキングに約2時間もかかってしまった。

この時間帯にウォーキングしていた人達は約10名ぐらいだったように感じたが、

ウォーキングするには何だか寂しい感じの河内貯水池のような気がした・・・。coldsweats01

« 2010年8月1日 - 2010年8月7日 | トップページ | 2010年8月15日 - 2010年8月21日 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

チョコミント宛てのメール

最近のトラックバック

無料ブログはココログ