« 2010年8月15日 - 2010年8月21日 | トップページ | 2010年8月29日 - 2010年9月4日 »

2010年8月22日 - 2010年8月28日の記事

2010/08/28

「食べるラー油」作り <一味唐辛子作り>

1008_2010

朝鮮南蛮唐辛子が赤くなって皺が入り始めたので、

そろそろ収穫して「食べるラー油」作りをはじめることにした。

 

1008_2039

先ず一味を作るために何個か収穫して洗った。

 

1008_2043

乾燥しやすいようにハサミで輪切りにした。

(唐辛子を触ると手がヒリヒリするのでビニール手袋をして作業)

 

1008_2052

ドライネットで数日間干すことに。 (下段は、来年用の種を少し)

 

1008_2077

この頃の晴天続きと猛暑のおかげて、3日間ぐらいでかなり乾燥した。

 一気に乾燥させないとカビが発生する場合があるので、

 天日干しはこの程度で終わりにして・・・

 

1008_2082

クッキングシートの上に広げ、オーブントースターで焦げない程度に加熱し、

そのまま余熱で乾燥させながら冷ます。

これを数回繰り返すと、カラカラに乾燥してパキパキになるので、

後は挽くだけで・・・

 

1008_2083

レンジフードの下あたりにフードミルを置いて挽くと、

(唐辛子の微粉末でむせないように換気扇オンの状態にして)

数秒で唐辛子の粉末が!

 

1008_2087

瓶に詰めて、一味唐辛子のできあがり!happy01

 

1008_2086

おぉ~良い色にできたなぁ~ 辛そ~ぅ!

それでは勇気を出して、ちょっとだけ試食を・・・

 おおぉ~辛~い!happy02

 ・・・ ・・・・・。

 ・

 ・

 ・

あれ?

そんなに辛くないなぁ~??

 おんやぁ~?

 ・・・・・。

激辛の朝鮮南蛮唐辛子がなぜ辛くなくなったのかを調べてみると、

どうやらCMの栽培方法に問題があったようだ・・・

そう言えば、

朝鮮南蛮唐辛子は、栽培条件で辛さが変わるようなことも聞いたような・・・think

 

<CMが推測する、激辛でなくなった原因> 

1、スパルタ栽培をしなかった。

 全般的に唐辛子はスパルタ栽培をしないと次第に辛みが少なくなるようで・・・

 その事を知らなかったCMは、水をタップリ、肥料タップリでぬくぬくと育てていたし、

 更に毎年自家採種を繰り返したせいで、

 次第に激辛→大辛→中辛→甘辛とまではならないとしても、

 かなり辛さが落ちしてしまったような・・・catface

 そういえば、去年は既に激辛ではなかったよなぁ~coldsweats01

 

2、他の野菜の花粉で受粉してしまった。

 朝鮮南蛮唐辛子と一緒に、伏見甘唐辛子やシシトウなども

 同じ菜園に植えているので、

 辛くない伏見甘唐辛子などから飛んできた花粉で受粉してしまった。

CMの推測は、

 去年、2、のように受粉して実った唐辛子から採った種を保存し、

 今年その種を蒔いて育てたせいではないかと思う。

 

中辛の一味を使って、「ラー油」や「食べるラー油」を作ってもなぁ~・・・

固定種の普通の唐辛子も植えているので、

うぅ~ん!

その唐辛子を使って一味唐辛子の作り直しをするしかないかなぁ~coldsweats01

 

 ちなみに、その唐辛子を1本摘んで

 齧ってみたら、 ヒィ~ 辛~い!happy02

 

2010/08/26

ぶどうの樹 4

1008_1767

カフェ・ド・フルール

ランチも「森のクマさん林のブタさんランチ」

 なんともかわいいネーミングで・・・

1008_1805

フェンスにもブドウが!happy01

1008_1806

貸切で入れなかったので、ウィンドゥ越しにマカロンケーキを!

 

1008_1812

1008_1803

レンガの歩道に色違いのレンガがハート型に切りこんであったが、

なるほど!こうするだけでカワイイ! 真似したくなったなぁ~

 ディスクグラインダーにダイヤモンドホィールをつけて

 レンガをカットしてやるだけだし・・・

 と、DIY的な見方をしてしまうCM coldsweats01

 

1008_1771

「麦のキッチン」にも、まるごとブドウが!

 美味しそ~ でも買わなかった!(お腹がいっぱいだったから)

屋外は暑いので人が少なかったが、

エアコンのきいた店内は満席状態だった!coldsweats01

 

 

1008_1745

1008_1810

1008_1809

グリーンショップ「GREEN  HOUSE」

 

1008_1725

噴水があって涼しそうに見えるが、

暑くて暑くて! 誰もが急ぎ足でエアコンのきいた店内へ・・・bearing

 

<ぶどうの樹の紹介 おしまい>

 

 

2010/08/25

ぶどうの樹 3

1008_1776

お腹が空いてきたので、ランチを!happy01

ガゼボのある庭の横にあるレストラン バンケット森と空

の前にランチメニューが何種類から表示されているようだったので、

とりあえず何かランチを食べようと思いながら

家族そろって入ってみることにした。

 

「どうぞこちらでお待ち下さい」

と案内されたのが、ウェイティングルーム

ちょっと大袈裟すぎないかなぁ~・・・と思いながら待っていると、

「ご準備ができましたので、どうぞ!」

とテーブルに案内された。

 

メニューを見て驚いた!

えっ! ランチは「こもれびランチ」の1メニューだけ!

選びようがないので、「こもれびランチ」をチョイス!

簡単と言えば簡単だが・・・coldsweats01

 

 他にもや麦のキッチンがあるが、

 カフェ・ド・フルールは貸切で入店出来なかったし・・・

 

1008_1778

岡垣の恵みのサラダ

 人数分のサラダが大皿に盛られてきたが、

 「トングで取り分けて下さい」とのことで・・・coldsweats01

 

1008_1779

前菜(トマトとエビときのこ)

 

1008_1781

スープ(パンプキンの冷製スープ)

 

1008_1783

パスタ

こちらも大皿で人数分盛られてきた。

えっ!これもセルフで取り分けるのかな?

と思ったら、若い女性がテーブルで取り分けてくれた!

が、折角頑張って取り分けてくれたのに、

(多分慣れていないからだと思う、いや、慣れていないなぁ~)

写真を撮るには皿の周りについたソースををティッシュで拭かないと、いくらなんでも・・・coldsweats01

で、拭いて、少々手直ししてきれいになった状態で1枚撮った。

でも、でも、真面目に丁寧に一生懸命に取り分けてる

若い女性の姿が健気に思えて応援したくなった!

  

1008_1787

パンも大皿盛りで・・・

お代わり自由だそうで・・・

 

1008_1785

メインディシュのシーフードグランタ

 

1008_1800

本日のデザート(完熟マンゴーのプリン)

花で飾ったデザートがかわいい!happy01

 ワイヤープランツ ブーゲンビレア レモンバーム

甘くて濃厚で美味しかったぁ~

 

1008_1794

瑠璃色のグラスは、ぶどうティーだそうで、最初に出されたもの。

ぶどうの葉を紅茶のように発酵させ作ったものかと思ったが・・・ 

ぶどうを収穫した後に枝を切って樹液が出てきたものを集め、

そのエキスを紅茶に少し加えたものだそうで!

ほのかにぶどうの香りがした。

 味は普通の紅茶だけど、香りはぶどうで・・・

 

1008_1788

こちらのメインディシュは、サーロインステーキ

  

1008_1789

こちらのメインディシュは、牛タン煮込み

 

1008_1793

誰もが、静かな雰囲気でお揃いのランチを・・・confident

 

ランチを頂いた印象は・・・

今回は何だかCMは苦手なので、

辛口コメントのブラックミントさんにお願いしたいと思った。coldsweats01

 

<ぶどうの樹のお店へ(次回でおわり) つづく>

ぶどうの樹 2

1008_1759

チャペルの「Le Reve」(ル・レーヴ)は、

夏なのに沢山の花があって綺麗だ!

丁度、花の手入れ&管理専任の方が作業されていらっしゃった。

 

1008_1747

1008_1755

この日は挙式予定がなかったので、挙式会場の見学ができたが、

白い空間に正面の滝の音と・・・

なんだか別空間のようだった。happy01 (空調もきいていた)

1008_1760

パティオ

1008_1765

ここを二人を乗せた馬車がゆっくりと走り、パーティ会場の方へと・・・

 

1008_1822

パーティー会場は他ににもあるが、こちらは「ゆかいな果樹園

入るのを躊躇っていると、

「どうぞどうぞ!」と案内して下さったので

折角だから遠慮がちに入ってみることに・・・coldsweats01

1008_1814

1008_1816

ぶどうが生っていたので、よく見ると本物のぶどうが生っていた。

一本のぶどうの樹の枝が2本に分かれて会場をおおっていたのは

感動的だった。

1008_1819

会場から見える横の庭。

1008_1820

スィートホームを連想させるような

こんな庭っていいよなぁ~と思いつつ1枚撮らせてもらった!

 

<ぶどうの樹でランチへ つづく>

2010/08/24

ぶどうの樹 1

1008_1735

 ぶどうの樹の白いガゼボ、屋根の風見鶏もカワイイ!

 

休日に、スローリゾート「ぶどうの樹」へ行った。

2年前にも訪れたが、今年の6月に一部リニューアルされていた。

 <参考>2008年に訪れた時の様子→ 海岸ドライブ

 

1008_1733

ガゼボの内部をガラス窓越しに撮影させてもらったが、

ゆっくり読書でもしてみたくなるような、素敵空間で・・・ 

 庭に建てる余裕スペースがあれば、DIYでガゼボも作ってみたいなぁ~

 

1008_1739

ガゼボへつづくガーデンアプローチ

左側に見える白い建物は、レストラン 「バンケット森と空

 

1008_1740

歩道の飛び石、ステップストーンと呼ぶ方が似合うかな?

1008_1736

庭にはハーブ類などが沢山植えられている。

1008_1743

静かな庭に建っている・・・

 

1008_1742

こちらはガーデンシェッド

 庭を見るにも暑くて暑くて! 

 気候のよい時期に訪れるべきたった!(笑)coldsweats01

 

<ぶどうの樹のブライダル関係へ つづく>

2010/08/23

ハゼラン

1008_1996

夕方になると花を咲かせるハゼラン

1本だと地味な草花だが・・・

それでも(庭に咲いている)ハゼランを摘んで集めると結構華やかで・・・

 

1008_1999

唯、夕方の数時間だけしか咲かないので、

生けてあってもなぁ~・・・ coldsweats01

 

<参考>昨年も今頃咲いていた→ 爆蘭と朝焼け

 

2010/08/22

ミルクのサマーハウス

1008_1953

(♀ハムスター)ミルクサマーハウス完成!

 注、化粧垂木を仮固定していたクギは、全て抜いた。

 

 この頃は特別暑いので、

ミルクちゃんがが陶器の皿の上で寝そべるようになった。

そうかぁ~ 陶器の方がひんやりして気持ちがいいんだぁ~

うぅ~ん、蚊遣豚でも買ってお家にしてあげようかなぁ~

と思いながら店頭で蚊遣豚を見たらちょっとデカすぎ!

ペットショップで買ってくるか、

DIYで新築してやるしかないかぁ~・・・coldsweats01

 

Nezumiハムは待遇良すぎないか?

1008_1900

早速、百均で、桐材のすのこを見つけて買ってきた。

床材は、大理石風タイルがうちに余っていたので、

これを使うことにした。

 

ハムスターハウスに向いている木材を検索してみると、

桐材が最も向いているそうだが、

他にもアガチス材(南洋桂)やパイン材(松)なども向いているそうなので・・・

  

1008_1914

壁構造として組み立てようと思い、

屋根勾配が30度になるようカットし・・・

壁4面をそれぞれ加工して木工ボンド接着してから

タッカーで固定して一晩放置。

(接着後にタッカー針は抜いた)

 

1008_1933

寸法を測って、天板を正確に加工して木工ボンドを

塗って組み立てながら、シャコ万力で4面の壁を固定。

化粧垂木として、樫の枝をカットしてボンド接着

(クギを打って仮固定)

このまま一晩放置して木工ボンドが固まるのを待った。

 

1008_1940

ハムちゃんの出入り口の大きさは、

25㎜~32㎜がベストだそうなので、

32㎜に仕上がっているかを、再度ノギスで寸法チェック。

<なぜ32㎜にしたか>

「出入口は32㎜に仕上げて下さい」とのきびちい注文を受けていたからで・・・

  出入口の穴が小さいと入れないし、

  大き過ぎると外敵に対する不安感を抱くそうで・・・

 

1008_1938

家を持ち上げると、

なんと90平方㎝の広々大理石風床が見える。(笑)

床がヒンヤリして夏は居心地がいいし、

お掃除が楽なようにと・・・

 

1008_1935

自然換気ができるように、

樫の枝に貫通穴加工をして煙突風にした換気煙突を取りつけて、

サマーハウスの完成!

 

1008_1943

DIYルームから自宅へ持ち帰った。

1008_1948

1008_1950

室内から見ると、換気煙突はこんな感じ。

1008_1916

もしもし、ミルクちゃん! そんな隅っこにいないで、

新しいお家に入ってみない?

  

1008_1954

ちょいと、顔出してくれない?

切り株のプレートもハートっぽい形になるよう探して

取りつけたんだから・・・

 と言うことで、最初の写真へ

<言い訳>

ハムスターは砂地にもぐって暮らす習性があるそうで、

地下型ハウスを作った方が喜ぶそうだ!

しかも、部屋数は多い方がもっと喜ぶそうだ!

うちでは、そんな贅沢はできませんからぁ~

ごく普通の1軒屋で我慢してもらうことに・・・

一応、100万円(正しくは100円)使って注文住宅で建ていますんでぇ~(笑)

« 2010年8月15日 - 2010年8月21日 | トップページ | 2010年8月29日 - 2010年9月4日 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

チョコミント宛てのメール

最近のトラックバック

無料ブログはココログ