« 2010年9月5日 - 2010年9月11日 | トップページ | 2010年9月19日 - 2010年9月25日 »

2010年9月12日 - 2010年9月18日の記事

2010/09/17

九重夢大吊橋

1009_2451

瀬の本から”やまなみハイウェイ”を走り、

九重夢大吊橋(ここのえ)へ立ち寄ったが、

断崖絶壁の名勝地の九酔渓・鳴子川渓谷に架かった大吊橋は

凄いスケールで!happy01

1009_2453l

(画像クリックで拡大)

おぉ~ これが日本一の大吊橋!

(高さ173m 長さ390m)

 

1009_2483

ではでは、入場料を払って歩いてみることに!

 

1009_2461

横揺れするし、足元が透けて真下が見えるので怖~い!

  

1009_2462

真下を見ないようにゆっくり歩くと雄大な景色が見渡せる!

遠くに震動の滝(日本の滝百選に選ばれているそうだ)が見えるが、

小さすぎて滝があるというぐらいで・・・coldsweats01

 

1009_2474

約6~7分ぐらいで渡れるのだが、

実際に歩くと想像していたよりも長い時間のように感じた!

中村側から北方側へ渡り、もう一度引き返すことに。

(グレーチングが張られているので、真下が見えるようになっている)

 

1009_2484

大吊橋のメイン入場口の中村側には、

JA九重の物産直売所の天空館1号店・2号店があり、

野菜やお土産品などが販売されていた。

旅館で朝食を食べすぎていたので、

昼食はソフトクリームで十分だった・・・(笑)

 

1009_2485

駐車場もゆったりとしていて気持ちがいい。

 

<CMの蛇足>

渡ってから・・・

「歩行者専用の吊橋だし、何の目的で建設したのだろう?」

と思ったが、国と県の補助なしの約20億円を投資して

観光目的で架けたように思えるが・・・

 

2006年10月に完成してから約4年だが、

わずか3年で入場者数が500万人突破したそうなので、

既に建設費の約20億円は3年でペイできたかな?

 

だとしたらぁ~、

このままの年間約150万人ペースで試算すると・・・

年間約7億円の入場料が入ることに・・・

九重夢大吊橋は”夢”が叶って大成功!

ということになるなぁ~happy01

 

<夢大吊橋も見たし、帰路へとつづく>

2010/09/16

阿蘇 黒川温泉

1009_2406

黒川温泉を訪れた!

別府温泉や湯布院温泉には行ったこともあるし、

阿蘇方面は何度か行った事もあるのに黒川温泉を訪れるのは始めてで・・・

 「まるすず橋」からのこの風景が

  黒川温泉のポスターになっているので、記念撮影される人も多い。

<最後に、まるすず橋での後悔confident

  

1009_2339

「風の舎」 温泉街の観光情報や宿などを案内してくれる。

 

1009_2345

趣のある「ひのき舎」(休憩所)の屋根の野草を撮ってみた。(笑)

 

1009_2419

1009_2422

囲炉裏のあるふれあい広場

その横にも足湯がある。

(どちらも「いこい旅館」が無料で開放されている)

 

1009_2441

公衆電話も風情があって・・・coldsweats01

 

1009_2443

小さなお地蔵さんも・・・

 

1009_2347

宿泊予約していた夢龍胆へと・・・

1009_2334

夢龍胆は、田ノ原川のほとりに面した和風旅館で、

木々や川原の風景にとけこむような佇まいの

静かな旅館だった。

 さっそく露天風呂につかって疲れを癒すことに・・・happy01

  

1009_e_2382

朝食は、お食事処「夢一会」で頂いたが、

(昨夜は部屋食で次々と運ばれてくる料理で食べきれない程

の満腹感を味わっていたので・・・)

朝食の品数を見て、

「えっ!朝からこんなに!無理かも知れないなぁ・・・」

 と思いつつ食べたら大丈夫だった。(笑)coldsweats01

  

1009_2402

  湯音

翌日は、黒川温泉街を散策して次の目的地へと・・・

記念撮影&風景ばかり撮っていたら、

観光客の様子を撮るのを忘れているのに後で気付いた!coldsweats01

混雑する程でもなく、淋しくもない程度だった。

ちなみに風の舎の駐車場は満車状態だったけど・・・

  

<阿蘇めぐりは つづく・・・ happy01 >

 

<まるすず橋での後悔>

夕方、家族が土産選びに夢中だったので、

一人で散策していたら、

「まるすず橋」の前で一人の若い女性から

「すみません撮っていただいてもいいですか?」

と声をかけられたので、「あっ!いいですよぉ~」

と言いながらデジカメを預かると、

かるく髪をなおしながらポーズをとったので

かるくシャッターを押してあげた。

「ちょっと確認してください」と言いながらデジカメを返すと、

「あっ!だいじょうぶです。ありがとうございます」

と答えて、「ふじ屋旅館」の方へと恥ずかしそうに小走りで去った。

そんなに小走りで去らなくても・・・?

「なんでこの橋の前で撮りたかったのかなぁ~??」

と考えながら旅館へもどった。think

そして、エレベーターに乗る時に大きな黒川温泉の観光ポスター

に気付いたが、そのポスターが「まるすず橋」の

その位置から撮った風景写真だった。

「あっ!そうだったのかぁ~ だから一人でポスターのような雰囲気の

写真に撮ってもらいたかったのかぁ~」 

と、やっと気付いた!coldsweats01

そう言ってくれたら構図を考えながら何枚かとってあげたのにぃ~

何も考えずにかるく撮ってしまってわるいことしちゃったなぁ~

それとは知らずにごめんなさい・・・

こういう健気なタイプの女性に魅かれるCMなので、 後悔している・・・

2010/09/15

阿蘇小国町 下城の大イチョウ

1009_2238

道の駅「小国」ゆうステーションは、

周囲の山間部雰囲気からユニークな外観建物なので

立ち寄ってみたくなった!

1009_2233

一階が土産品&物産館で、

二階は林業総合センター&観光案内になっていた。

内部から見ると、ハーフミラーが張り巡らされているので

外からの日差しは入らないのに外は見渡せる。

小国杉材をふんだんに使っ構造も

よ~く見え杉(過ぎ)だったけど・・・(笑)coldsweats01

 

1009_2312

樹齢千年以上の国指定天然記念物

「下城の大イチョウ」 は大きすぎてデジカメのフレームに

おさめるのに苦労するほどで・・・ coldsweats01

1009_2319

日本で二番目に大きいイチョウだそうだが・・・

イチョウの枝から多数のこぶが下がっていることから、

”ちちこぶさん”の愛称で呼ばれていて、お乳の少ない女性が

この樹に祈るとお乳が出るようになると言われているそうだ!

 そして、ここの広場から下城滝も見れる↓

 

1009_2322

下城滝は渓谷の遊歩道途中の展望所からでも

真上から見るしかないような深い谷間の位置にあるので、

見るにも撮るのも難しい!

しかし、大イチョウのある場所からだったら全体が見える。

(かなり遠くに見えるだけだが・・・)

ズームで撮った写真だけど・・・

 

1009_2304

きれいに整備された遊歩道を歩き、

下城滝のすぐ上流へ行くと・・・

 

1009_2327

鍋釜の滝が見える。

落差は少ないものの周囲の景観がキレイで

更に虹もがかかっていた。

1009_2307

鍋釜の滝は、それほど大きくはないが、

滝へ落ちるまでの川全体が全て平坦な岩になっているのには

ちょっと感動したなぁ~happy01

一枚岩かも知れないなぁ~・・・

 

<阿蘇 黒川温泉へつづく>

 

 

2010/09/13

阿蘇小国町 鍋ヶ滝

1009_2287

生茶のCMで有名になった小国の鍋ヶ滝へ行ってみたが、

ホントに綺麗な滝だった! 

何年か前に松島菜々子さんがCMロケに

訪れた時もこんな感じだったのだろうか・・・happy01

 

<ちなみに> 生茶のCMを探してみたが・・・

YouTubeにあったので→→ 生茶CM(鍋ヶ滝編)

 

1009_2253

人の大きさから滝の大きさが想像できるが、

滝幅が広~い。

 

1009_2283

水量が多い時は、中央部分も流れて一つの滝になるようだが、

今回はほどほどの水量で水もキレイだった。

滝の裏側に人が見えるので、ちょっと行ってみることに・・

 

1009_2256

なるほど、これが「鍋ヶ滝」の別名の「裏見の滝」かぁ~

しかも団体さんが一緒に観れるほど広~いスペースで・・・

 

1009_2262

<画像クリックで拡大>

おぉ~ 迫力あるなぁ~ なるほど パワースポット!happy01

女性的な美しさのある滝のように感じたCMだけど・・・confident

 

<参考>滝の高さは9mで、滝幅は20mあるそうだ!

 

1009_2245

帰りに「まむし注意!」気付いたのだが、

夏場は足元に気をつけなければ・・・

駐車場から滝まで歩いて5分ぐらい下るようになっているが、

古絨毯が敷いてあるのには驚いた。

もしかして・・・ 

松島菜々子さんのCMロケ用に敷いたものかなぁ~・・??

 

あっそうそう!

駐車場に杖(自然木ストック)が置いてあるので、

自由に使えるようになっている。

帰る時に気付いたが・・・

「杖をもどしちょって!」

の方言看板がなんともほほえましく感じた!coldsweats01

 

< 阿蘇小国めぐり 次回へつづく happy01

2010/09/12

天道生えの冬瓜

100910_2229

9月10日に、少し収穫が早そうな感じがするが・・・

天道生えの冬瓜を1個だけ収穫した。

 

2年連続で天道生えで育ったことになるが、

猛暑のせいか?今年は昨年より一回り小さめになった。

  昨年が約40㎝で、今年が約30㎝ 重さも昨年の半分ぐらいで・・・coldsweats01

<参考>

昨年の冬瓜収穫の様子→→ 冬瓜の収穫

 

100802_1448

  8月2日

7月頃にオクラの根元辺りから冬瓜の蔓が伸びているのに気付いたので、

(育てるのが楽なので)通路の上に這わせだけにして育てることにした。

 

100803_1482

100803_1483

  8月3日

小さな冬瓜が生っているので、そのままCBの上で!

 

100813_1710

  8月13日

100817_1873

  8月17日

100817_1874

  8月17日

右側の一番奥から手前まで伸びて、

かなり邪魔になってきたので・・・

「冬瓜は大きいので2~3個も収穫できればそれでいいかぁ~」

と言うことで、

列が半分ぐらいになるよう剪定して

やっとこんな細長~い感じに整理した。coldsweats01

  

100827_2072

 8月27日

白い毛が生え始めたので、

この毛が(弱くなって)抜け落ちるようになると収穫時期になるので、

もうしばらくこのままで・・・

 葉もかなりボロボロにcoldsweats01

 

  注) 冬瓜でも白い毛が生えない種類もあるそうで!

 

« 2010年9月5日 - 2010年9月11日 | トップページ | 2010年9月19日 - 2010年9月25日 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ