« カンパニュラとバラ | トップページ | 元気なハーブたち! »

2011/05/18

なんじゃもんじゃの木

1105_7704

芦屋町の岡湊神社(おかのみなと)の境内に

なんじゃもんじゃの木があるそうなので行ってみた。

 名前だけはよく聞くが、実際に見たことがなかったので・・・

 

1105_7696

なんじゃもんじゃの木はヒトツバタゴのことで、

環境省レッドリストに絶滅危惧II類(VU)として

指定されている希少種だそうだ。

 複葉のタゴ(トネリコ)はよく見かけるが・・・

<ちなみに>

 名前の由来について面白いエピソードがある。

 将軍が水戸黄門に「あの木は何という木か?」と尋ねられ、

 その返答に困った黄門さんは、

 とっさに「なんじゃもんじゃ!です!」

 と名即答(迷即答?)されたことから、

 なんじゃもんじゃの木と呼ばれるようになったそうだ。(笑)

 

1105_7700

思った以上に大きいなぁ~

(成木になると20メートルぐらいまで伸びるそうだが・・・)

 

1105_7702

GW頃にTVで紹介されていた時はもっと花がキレイだった!

  

1105_7697

GW頃がピークだったようで、既に盛りが過ぎている。

花の盛りが過ぎると見物人も少なく、

境内はひっそりとした雰囲気だった・・・

来年のGW頃に再度訪れようと思う。

 

<蛇足>

なんじゃもんじゃの木は、雄株・両性花異株なのが面白いと思った。

つまり雌花だけをつける雌株がないことになる。

人間社会で考えると、

「夫婦暮らし」か「女一人暮らし」の方が

幸せで長生きできる気がする。(笑)

なのに、なんじゃもんじゃの木

「夫婦暮らし」と「男一人暮らし」の生きる道を選んでいることになる。

一人暮らしをしなければならなくなったとしたら、

どちらが幸せなのかなぁ~?

« カンパニュラとバラ | トップページ | 元気なハーブたち! »

お出掛け」カテゴリの記事

コメント

なんじゃもんじゃの名前の由来が面白いですね
こちらでも栗林公園と言うのがあって昔は栗の木が
沢山植わっていたらしい
ある時殿様が散歩していたら栗のイガが落ちてきた
家来がいかがいたしましょうかと尋ねたら殿様は
待つがよいと言ったのを松がよいと勘違いし今では
松ばかりになってしまった
この話とよく似ていますねhappy01

なんじゃもんじゃって・・・絶滅危惧種なんですね。
岐阜はわりとたくさんあります。
満開になる頃、新聞やTVで紹介されます。
自生しているものは天然記念物だったりするようです。

絶滅危惧種とわかっていたら・・・
お隣さんは、切らなかったかしら???
でも、大きすぎて邪魔だったら・・・
なんだかいまさらですがもったいなく思えてきましたcoldsweats01

clipよしべえさん

栗林公園って、栗の木が沢山だと想像してたのですが、
誤解から松林公園になってしまったのですね!(笑)
殿様の言われる事には絶対服従の
時代だったのでしょうねぇ~

clipmewさん

えぇ~っ! お隣さんに「なんじゃもんじゃの木」
があったのですか! しかも切っちゃったとは
勿体ないことを! 確かに大きくなるので
神社か公園みたいなところじゃないと
ムリかも知れませんよね!
ここら辺では見かけることは先ずないので、
非常に珍しく感じてアップしてみましたが・・・(汗)

芦屋に行かれたんですねcar
なんじゃもんじゃの名前の由来
面白いエピソードですね知らなかったです

↑の、よしべえさんの栗林公園コメントも
面白いですね

clipクミンさん

「なんじゃもんじゃの木」は、
クミンさんもブログアップされてましたね!
先日の長雨で花が傷んだのだろうと思いますが、
もう少し早い時期(GW頃までに)
行くようにしないとダメみたいですねぇ・・・
名前の由来は、単純と言うか面白いと言うかで、(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/405664/40032274

この記事へのトラックバック一覧です: なんじゃもんじゃの木:

» 収納アドバイスいたします [Witch House]
お掃除、お片付け、収納アドバイス、お気軽にお問い合わせください。 [続きを読む]

« カンパニュラとバラ | トップページ | 元気なハーブたち! »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ