« 旧伊藤伝右衛門邸と白蓮 2 | トップページ | 夏野菜カレーと金のハンバーグ »

2011/06/30

オカトラノオ

1106_8311

1本のオカトラノオを水挿しから育て始めて2年になるが、

地植えにしたので今年は増えて沢山花が咲いた!

 

1106_8312

地植えした場所は、ハーブコーナーになってしまったが・・・

カモミールと一緒に咲いている。

 

1106_8314

写真を撮っている時には気づかなかったが、

ミニカマキリが虫退治を頑張ってくれていたのだ!

オカトラノオの花は、頻繁にアリが往来しているが、

花粉を運んでいるのかなぁ~

 

<オカトラノオを庭に咲かせるまでの関連記事>

2009年7月  オカトラノオを求めて里山へ

2009年7月  オカトラノオ

2010年7月  オカトラノオの一年後

 

« 旧伊藤伝右衛門邸と白蓮 2 | トップページ | 夏野菜カレーと金のハンバーグ »

野草・雑草・植物観察」カテゴリの記事

コメント

何度かオカトラノオのお話を伺ってからまたこの季節がやってきたのですね~♪
早いっ!

地植えされたということで、何となく葉っぱも生き生きと見えますね
白いお花と今にもふりふりしそうな尻尾のような形がなんともキュートで可愛いです

ちびかまきりさんもがんばってくれているし、しばらく楽しめそうですね♪

↓九州は本当に見どころが多くていいですね~。
私もゆっくり九州の旅をしたいです。。
同僚が10月に九州に行くのですが、新幹線での旅行のためか、先月の段階でかなり予約で埋まってるそうで。。。

去年のオカトラノオより、元気に大きくなってますね
2年ですごく広がるものですね。
ミニカマキリ、確かに何かに立ち向かっていますね。
アリかな?????
たくさん働いていただかないと・・・

オカトラノオを水挿しから発根させよくここまで
成長させましたね
たいがいの植物は挿し芽で増やせるらしいが
面倒なのでついつい買ってしまうんですよね
でもこうやって育てたものの方が環境に合っているので
丈夫なんですよね
カマキリとかナナホシテントウムシは虫を食べてくれる
ので大事な昆虫なんですよね

水挿しからここまで育てようというモチベーションが素晴らしいです。
私も昨日オカトラノオを撮ってきましたがこれってバラ科でしたっけ?

そうそう、アリンコやらいろんな虫がやってきていますよね。
昨日は蝶が多かったですけれど。
季節は今年もまた廻ってきていますね・・・

lnamiさん

早いもので、水挿しからもう2年も経ってしまいました。
繁殖力が強いので地植えすると大変になるかなぁ~
と思いつつも下してしまいました。(笑)

九州の観光地で、CMが先ず思い浮かぶのは長崎ですが・・・
他にも色々あるものの見所は離れているので
地域を絞って観光することになってしまうでしょうね!
>先月の段階でかなり予約で埋まってるそうで。。。
九州新幹線の方はかなり空席が多いそうなので、
博多までが多いのでしょうね!

mewさん

>2年ですごく広がるものですね
オカトラノオは繁殖力が強いので、
地植えすると広がり過ぎて困りそうですよ!(笑)
>ミニカマキリ、確かに何かに立ち向かっていますね。
カマキリはカメラ目線のポーズを取るのですが、
格闘心がこんなに小さい頃からあるんですね!(笑)

よしべえさん

オカトラノオの花は清楚で素朴なので、
よしべえさんも好まれるような気がしていますが・・・

繁殖力の強いものは、
水挿しすると発根するので分かりやすいですね!
オカトラノオの根は非常に強いそうで、土留め目的にもなるそうですよ!
カマキリは、ありがたい仕事をやってくれるので
助かってますが、虫の数の方が遥かに多くて・・・(笑)

セージ55さん

オカトラノオには想い出もあるので、
庭に植えてみたくなって育てることにしたのですが、
繁殖力が旺盛なので今後はどうなるのか少々不安ですけどねぇ~・・・

オカトラノオはサクラソウ科みたいですよ!
イブキトラノオはタデ科でヒメトラノオはゴマノハグサ科
と色々あって分かりにくいですが、
ヌリトラノオ(チャセンシダ科)のようなシダ科までありますからねぇ~

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オカトラノオ:

« 旧伊藤伝右衛門邸と白蓮 2 | トップページ | 夏野菜カレーと金のハンバーグ »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ