« ホトトギス | トップページ | ハヤトウリ »

2012/10/19

響灘ビオトープ

121014_0051
10月6日に北九州市若松区にオープンした北九州市 響灘ビオートプへやってきた。
ネイチャーセンターで100円のチケットを買ってゲートを通ると・・・
 

<参考>
ネイチャーセンター入館と駐車場は無料
入園料: 一般100円、小・中学生50円
開園時間 : 9時~17時(入園は16:30)

 

121014_0053
広さが約41haもある日本最大級のビオトープが広がる!
約41ha1の整備されたビオトープの周囲は、
更に4~5倍以上の見渡すかぎりのビオトープの自然が!

(41haは、大体ヤフードーム6個分の広さになる)
 
昭和55年から海を廃棄物で埋め立てた地に、
およそ30年の歳月と生命の営みがこの生態系を作り出したそうだ。
 
海→埋め立て地→自然地が想像できないなぁ~think
 

121014_0060
14日(日)に訪れたので、
運よく、ボランティアのビオトープ案内人の案内&説明を聞くことができた。happy01

 

121014_0061
ハスの花が咲いているみたい・・・
 

121014_0063
野鳥観察施設
 

121014_0069
野鳥観察窓から覗くと・・・
 ・・・・・ 野鳥はいなかった。
 

121014_0067
湿原の観察デッキから水面を見ると、
メダカやアメンボ、カエルなどが沢山。

  

121014_0070
観察デッキから見晴台の方へ!
 

121014_0077
歩いていると、ピンク色の小さな花が群生しているので
近づいて見ると・・・

(ここは踏み入れても良いエリア)
 

121014_0071
アメリカウンランモドキ (ゴマノハグサ科 アガリニス属)
 
2000年に長崎県佐世保市で初めて発見された
アメリカ中南部原産の帰化植物だが、
約10年で北九州市にも広がってきたようだ。
花の大きさは約2㎝ぐらいで、写真は実物大に近い。

(この花の名前は知らなかったが、
後でネイチャーセンターの掲示写真+解説で知った。)
 

121014_0079
見晴台から見渡すと・・・
 

121014_0081
海側には遠くに風力発電の風車も!
 
砂礫地が見えるが、コアジサシの繁殖を目指し、
約11haの砂の上に貝殻をまいて営巣地として整備されているもの。

 

121014_0082
咲いている花が少なく、アレチハナガサ(クマツヅラ科)さえも目立つ!
 

121014_0084
6月過ぎぐらいからチョウトンボが舞うそうだが、
金属光沢のような輝きを放ちながら
ヒラヒラと蝶のように飛ぶ姿は非常に美しいそうだ!
(この写真は、ネイチャーセンターに掲示されていた写真を
 撮らせて貰ったもの) coldsweats01

 

 
響灘ビオトープは、野鳥観察好きな方には非常に魅力的だと思った!
 

« ホトトギス | トップページ | ハヤトウリ »

里山歩き&ウォーキング」カテゴリの記事

コメント

ずいぶん大きなビオトープなんですね。
これだけ大きいのに100円は安い!
それは、皆さんに楽しんで欲しいってことでしょうね。
アメリカウンナンモドキはちょっとアカバナユウゲショウに似ていますが、ゴマノハグサ科なんですね。
増えて嬉しいってこともないけれど、無くなると寂しいですね。日本の花とうまく共存してくれるといいのですが・・・
チョウトンボ、私もいつか見たいです。

若松の 埋立地にビオトープがOPしたのですか 
知りませんでした
ここ風車の見える 場所は 時たま行きますので
是非 今度ビオトープに行ってみます

海を廃棄物で埋め立てた地に 30年もの歳月が経つと
生物が住みやすいような環境になっているとは・・happy01

clipセージ55さん

今後、もっともっと年数が経つと
樹木や野草の種類も増えてゆくでしょうから
野草なども沢山咲くのが楽しみです。
でも10年単位でしょうねぇ~・・・

アメリカウンナンモドキは、
何か分からないが似た花を見たような
気がしていたのですが、よく分かりませんでした。
水玉模様のような模様がカワイイですよね!happy01

>日本の花とうまく共存してくれるといいのですが・・・
気になるところですよね~
もうジャンボタニシが侵入してきたので、
ボランティアの皆さんの手作業で
産卵した葉を切断して水面に落とし、
退治するという地味な作業をなさっているそうですよ。bearing

clipクミンさん

汐入の郷の前の495号線を若松方面へ直進すると
(コスモス街道)向洋橋に行きますが、
その少し先に案内板が見えますので、
天気が良くて時間がある日にでも出かけられると
いいと思いますよ!
時々、野鳥の姿を見る事ができるので、
双眼鏡も持参されるといいかも・・・happy01

自然ってホント偉大だなぁ~と感じさせられました。think

こう言ったビオトープ、今は人工的に作っていたり
しますが昔は自然にあって水生植物、昆虫がいて
よく捕まえていたものですがそう言った環境が
無くなった以上仕方ありませんね
タガメ、ゲンゴロウが絶滅に近いと聞きますが
今の環境ではね~ 風力発電の風車とビオトープは
相性がいいですね原発だと皮肉と取れますからねcoldsweats01

clipよしべえさん

海の埋め立て地も何十年と年月が流れると、
自然地のようになるものですね!
メダカも沢山泳いでいましたから・・・coldsweats01

>相性がいいですね原発だと皮肉と取れますからね
確かにそうですね!
ソーラーパネルよりも風力発電の方が似合うように思えますね~

こんばんは。

随分と広大なビオトープですねぇ~
私のビオトープとは大違い・・・(比べてどーするcoldsweats01
建物の造りといい・・・、施設の管理といい・・・、センスがありますね!
私の町にもこんな施設があれば・・・な。。。

cliptomatoshipさん

元は海を廃棄物で埋めた埋立地ですから広いですね~
長年の廃棄物の量の方を想像すると・・・coldsweats01
でも、結果的にこのように自然循環サイクルができるまでの
環境地になったのはいいものですよね!
>私のビオトープとは大違い・・・
人の手で作ったのは同じと言えば同じですね~(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/405664/47506601

この記事へのトラックバック一覧です: 響灘ビオトープ:

« ホトトギス | トップページ | ハヤトウリ »

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト

チョコミント宛てのメール

最近のトラックバック

無料ブログはココログ