« 日田 豆田町 町歩き 1 | トップページ | 醤油浸け種蒔き! »

2013/10/18

日田 豆田町 町歩き 2

131012_10_5701

 

131012_11_5703

 

131012_12_5706
廣瀬資料館
儒学者廣瀬淡窓と弟九兵衛の生家

 

131012_13_5710
咸宜園教育研究センター
廣瀬淡窓が開塾した咸宜園は、江戸時期の私塾で、
当時の貴重な資料や収蔵品が展示されている。

 

咸宜(かんぎ)とは、すべてのことがよろしいという意味で、
廣瀬淡窓は、身分や階級制度の厳しい時代だったが、
入門時に学歴・年齢・身分を問わない「三奪法」により、
全ての門下生を平等に教育した。
咸宜園は門下生に引き継がれ、
明治30年に閉塾するまでの期間に
約5000人の門下生が巣立っていった
江戸時代を通じて最大規模の私塾となったそうだ。

 

 

131012_14_5713
咸宜園跡(かんぎえん) 秋風庵

 

131012_15_5712

咸宜園跡(かんぎえん) 遠思楼
廣瀬淡窓が67歳(1849年)の時に建てた書斎で、
一階が書庫で、二階では主に読書や思索に利用されていたようで、
時には詩会を催したり談話室としても利用されていたそうだ!

 
二階へ上がって見ると、
四畳半二間のみで、南側に丸窓があり北側は広く見張らせる。
北側採光は文人好みであり、
快適な書斎作りになっているように思えた。

 

131012_16_5726

 

131012_17_5785
日本丸館(にほんがんかん)
江戸後期開業の薬屋で、万能薬「日本丸」を開発されたことで有名。

 (日本丸館は、CMが最も訪れたかった所)

木造四層三階建てで、
江戸末期から昭和初期にかけ増改築を重ねられたようで
迷路のような作りと間取りになっている。
三階の展望楼に上がると、豆田町が一望できる。

  
一部は岩尾薬舗として現在も営業されている。
唯、道路に面しているので、
車の往来が頻繁すぎて撮るタイミングが難しかった(笑)coldsweats01

 

131012_18_5729

 

131012_19_5730
日本丸は、明治20年に心臓と熱さましなどの特効薬として販売されたそうで、
販売開始すると爆発的に売れて莫大な富を築かれた。
日本丸は万能薬として人気が持続し、
昭和40年代に製造中止になったそうだ。
  

心臓病の特効薬がなぜ万能薬として効いたかは不思議だが、
CMが最も驚いたのは、
戦時中にゼロ戦を寄付されたという財力の
凄さ!
(ゼロ戦の翼に日本丸のPRが描かれている写真があった)
日本丸で巨万の富を築かれたことに改めて驚かされた!

 

131012_20_5793
三隈川には屋形船も見える。 鵜飼もやられているそうだ。

 

131012_21_5794
元気の駅
天然活性水素水で有名な日田天領水の里にも
立ち寄って帰ることに!coldsweats01
もちろん日田天領水のお茶も買って飲んでみた!(笑)

 

   Illust234_thumb Illust234_thumb

ブログランキングに参加しています!
  ↓お手数ですが、どうかクリック応援お願いします。coldsweats01

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

« 日田 豆田町 町歩き 1 | トップページ | 醤油浸け種蒔き! »

お出掛け」カテゴリの記事

コメント

咸宜園跡(かんぎえん) 遠思楼は確かに文人風な
建物ですねbook

日本丸なる万能薬があったのは初めて知りました
昭和40年代まで製造していたとの事ですが
ゼロ戦を寄付するくらい儲けたんでしたらさぞ良く効いたんでしょうねhappy01


日田林工は私も知っていますが、こういう街があるのは知りませんでした。
咸宜園も廣瀬淡窓も知りませんでした。
こういう人たちが今の日本を作り上げていったんですね。

> 入門時に学歴・年齢・身分を問わない「三奪法」により、
> 全ての門下生を平等に教育した。
この時代にこういう考え方ができたというのはよほどリベラルな考え方をする方だったのでしょうね。

日本丸というのは今でもあるのですね。
富山の赤玉みたいなものでしょうか。

日田というと天然水のイメージがありますが・・・^^
倉敷と同じように天領だったのですね~。
とても綺麗に保存維持されていて素敵なところですねっ!
チョコミントさんのブログを拝見していると、北九州地域を旅行している気分になれてとってもわくわくしますheart04

咸宜園も身分を問わず多くの若者たちが熱心に勉学に励んだ歴史を感じます・・・この若者たちのやる気の少しでも我が子にあったら・・・(;´д`)ふぅ・・。

日本丸、ちょっと試してみたいような気も( ´艸`)

clipよしべえさん

日本丸は何にでも不思議と効いたそうですよ!
薬の少ない時代背景もあってのことでしょうね~
ゼロ戦は当時の戦闘機なので、
F15を寄贈したようなものになりますよね!bearing

clipセージ55さん

訪れてみて、日田市は頑張ってるなぁ~
という印象がありました。

松下村塾はよく知られていますが、
咸宜園の方はまだよく知られていないようですね!

淡窓は自然を愛する詩人なので、
主に詩の講義や詩作を取り入れて
毎月試業(試験)を実施していたようで、
合格すると進級するようなシステムにしていたようです。
自由競争教育のようなものでしょうね~

>富山の赤玉みたいなものでしょうか。
富山の置き薬の「赤玉」の事でしょうか?
CMはその「赤玉」を知らないのですが、
多分似たような薬でしょうね~coldsweats01

clipnamiさん

日田天領水は、モンド・セレクション7年連続「金賞」で有名になりましたね!
強気の価格ですが・・・(笑)

なんだか倉敷の美観地区に似たイメージを持ちましたが、
namiさんのブログの影響かも知れません(笑)
倉敷の紹介記事を拝見してCMもわくわくしていますよ!
(ありがとうございます)

兄弟君はやるき満々に感じられますよ!
どう育てたら二人のような良い子に育ってくれるのか?
と、いつも感心させられていますよ!

>日本丸、ちょっと試してみたいような気も
万能薬という点が気になるので
試してみたくもあり、また、遠慮したくもあり・・・
の複雑気分になりますよね~coldsweats01

日田の豆田町、以前と比べてお店が増えたように
見えますけど楽しめて良かったですね
廣瀬資料館、咸宜園教育研究センター、咸宜園跡、日本丸館、元気の駅など色んな所を見て回られたのですねhappy01

clipクミンさん

豆田町は初めて行ったので、
変化の違いが分らないですが・・・
随分と整備された町のように感じました。
日本丸館と咸宜園は訪れて特に良かったです。happy01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/405664/53646822

この記事へのトラックバック一覧です: 日田 豆田町 町歩き 2:

« 日田 豆田町 町歩き 1 | トップページ | 醤油浸け種蒔き! »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ