« 2013年11月24日 - 2013年11月30日 | トップページ | 2013年12月8日 - 2013年12月14日 »

2013年12月1日 - 2013年12月7日の記事

2013/12/03

長府 紅葉さんぽ 4

1311_2260_7071
忌宮神社(いみのみや)

仲哀天皇・神功皇后がここに豊浦宮を建て、7年間滞在されたそうで、
境内で毎年8月に「数方庭祭」という奇祭があるそうだ!

 

1311_2280_7083

 

1311_2290_7081
蚕種渡来の地の記念碑

仲哀天皇に渡来人が蚕種(さんしゅ)を献上したという伝説があり、
日本に蚕が初めて渡った地になるそうだ!
横に”桑の木”や”しだれ桑の木”も植えられている。
 

初めて見る蚕種(蚕の卵)から繭玉や絹糸の事を
どのように想像されたのかな?

 

1311_2310_2902
境内を歩くと、人なつこい烏骨鶏が寄ってくるので、
何か餌を欲しがっているなぁ~と思い、
(鴨ちゃんにあげたい気持ちもあって)何か買ってこようと
近くのコンビニを探したが・・・
コンビニがない!

  
商店街を少し歩いたが、

売っていそうな店がない!!
で、スーパーで「えびせん」を買って
烏骨鶏や名古屋コーチンにあげていると、
さっそく鳩が一斉に集まってきた!
鳩に餌をやると(鳩害で)迷惑になるだろうと思ったが・・・
鳩が全く人を怖がらないし近づいてくるし、
あまりにも人慣れしているのでやらない訳にもならず、
少しだけ・・・
coldsweats01
  スズメまでも飛んでくるので、ここは何故??

 

1311_2380_7090
「維新発祥の地」の記念碑によって、鴨ちゃんに会いに・・・(笑)

 

1311_2390_7097
川上から歩いていると、並走するように泳ぐ泳ぐ!
逆方向へ歩くと・・・
すぐに方向転換してまた泳いで一斉に寄ってくる!
わぁ~ なんともその姿がカワイイ!
happy01

 

1311_2440_2906
川原へ降りて”えびせん”を投げると、
グワッ!グワッ!と鳴きながら
喜んで食べてくれるのが またカワイイ!

  
一袋全部あげてもまだ足らないようで・・
coldsweats01

  鴨の生態の事は良く知らないが、
  人が餌を与えても生態系に特に問題がないようであれば、
  またあげたいと思った!
  
  壇具川の3~4か所にコロニー(テリトリーかな?)を形成しているようで、
  並走して泳いでいる鴨のグループはテリトリーの境界を
  けっして超えることがない事に感心させられた!
  鴨の世界も厳しいんだなぁ~(笑)think

 

 

1311_2470_7110
鴨ちゃんと戯れ過ぎて、
最後に行った覚園寺へ着いた時は夕方近くになってしまった。coldsweats01

 

1311_2490_7115
覚苑寺

 

1311_2530_7119
  

 

1311_2550_7121
夕方のせいもあり、人数は少なくひっそりそした境内だった!

 

1311_2560_7123
  

1311_2590_7130

 

1311_2620_7136

 

1311_2630_7138

 

1311_2690l_7148
< 画像クリックで拡大 >

 

1311_2720l_7154
< 画像クリックで拡大 >

 

陽が落ちるので、長府をあとにして帰ろう!
改めて長府はいい町だ!と思った。
それと、
また壇具川の鴨ちゃんたちに会いに来たい気がした!coldsweats01

 
  忌宮神社の近くの商店街を歩いたが、、
  どの交差点にも信号がない事に少し驚いた!

  それと、CMの気のせいか? 
  長府の女性は優しいような気がした。

 

 Illust352_thumb Illust352_thumb

< 長府紅葉さんぽ ・・おわり・・ >

  Illust354_thumbIllust352_thumb_2 Illust350_thumb

ブログランキングに参加しています!
  ↓お手数ですが、どうかクリック応援お願いします。coldsweats01

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

2013/12/02

長府 紅葉さんぽ 3

1311_2010_7025
城下町の雰囲気が漂う、「古江小路」

 

1311_2030_7040

 

1311_2050_7033
観光に長府に来た誰もが訪れる古江小路と言われていて、
結構人通りは多いように思える。

 

1311_2060_7031
管家長屋門

  
管家は、侍医兼侍講職を務めた家柄で、
代々藩中医家随一にふさわしい構えであり、
武家の屋敷構えとは趣が異なる。

 

1311_2110_7029
土塀と紅葉の雰囲気が何ともいいな~・・・happy01

 

1311_2120_7035

 

1311_2120_7043

 

1311_2160_7045
古江小路の他に、
横枕小路もあるがこちらは観光客がすくないようだ。

 

1311_2170_7046
乃木神社
  

陸軍大将で有名な乃木希典(のぎまれすけ)を祀るために創建された。

紅葉した木々がないせいか、人も少なく静かな境内だった。

 

1311_2190_7048
左奥に、乃木夫婦像が見える。

 

 

1311_2220_7055
乃木希典が幼少期に過ごした乃木旧邸

 

 

1311_2230_7058

1311_2240_7059
乃木希典が10歳~16歳まで過ごした屋敷が復元されている。
(桂弥一が大正3年に復元したそうなので、いかに親友だったかが想像できる。)

 

 

1311_2250_7061

 

  Illust352_thumb Illust352_thumb
< 長府紅葉さんぽ ラスト4 へつづく >

          Illust354_thumb

ブログランキングに参加しています!
  ↓お手数ですが、どうかクリック応援お願いします。coldsweats01

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

2013/12/01

長府 紅葉さんぽ 2

1311_1600_6980
長府毛利邸 は、明治36年に長府毛利家14代、毛利元敏によって
建てられた邸宅で、明治天皇のご宿泊所としても使われたそうだ。

 

1311_1650l_6984
< 画像クリックで拡大 >

門の近くの楓が真っ赤に染まってキレイ!

 

1311_1660l_6986
< 画像クリックで拡大 >

 

1311_1680l_6989
< 画像クリックで拡大 >

 

1311_1700_6994
「明治天皇ご宿泊の間」へ行くと・・・

 

1311_1710_6995
2方向がガラス戸で庭が見通せる開放的な間取りになっている。
少しガラスに歪が感じられるので
、(ガラスの歪は当時のガラス製造技術の問題)
レトロ感がさらに感じられて素晴しい。
明治時代では画期的な解放感だろうと思えた!

 

1311_1690_6993

  
  

1311_1790_6998
室内の何か所かに生け花が飾ってあったが、
中庭などにも数か所、こんな風に投げ入れ風に
野趣あるムベなどが生けてあり、
維持管理されていらっしゃる方々の
清々しい”おもてなしの心”が感じられた。confident

 

1311_1820_7002
ガラス越しに撮ったのでハレーションぎみに・・・(笑)

 

1311_1950_7015
長府毛利邸を後にし、
古美術店や駄菓子屋さんなどが並んでいる通りを
しばらく散策することに!

 

1311_1830_6917
フクの図柄の蓋を見て、山口県らしいなぁ~。

 

1311_1860_7014
乃木希典の竹馬の友である桂弥一の旧宅(築100年以上)が、
茶屋「祥」として営業されているみたいなので・・・
丁度お昼頃になったこともあり立ち寄ることにした。happy01

 

1311_1880_6916
壁の蔦も紅葉している。

 

1311_1910_7007
店内のお座敷には着物や古雑貨などが飾ってあり、
隠れ家的異空間のような雰囲気。
食事は一種類のみだったが、この他にも茶碗蒸しが付き、
それにサラダはセルフサービスで頂けるようになっているし・・・
食後にコーヒーまで付いて1050円だったのには正直驚かされた!

  

女将さんは、とても優しく感じの良い応対をなさる方のようで、
最初に
「相席になりますけどよろしいですか?」
と尋ねられて相席になったが、
その相席の方が食事を終えて出られると、
すぐに次の新しいお二人と相席となった。
混雑の様子から人気店だという事をやっと理解した。

<参考>
茶屋「祥」の店内の様子→→ 茶屋「祥」

 

1311_1940_7010
茶屋「祥」の裏側にある蔵も展示会などで利用されているようだった。

 

  Illust352_thumb

< 長府紅葉さんぽ 3 へつづく >

         Illust354_thumb

ブログランキングに参加しています!
  ↓お手数ですが、どうかクリック応援お願いします。coldsweats01

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

« 2013年11月24日 - 2013年11月30日 | トップページ | 2013年12月8日 - 2013年12月14日 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト

チョコミント宛てのメール

最近のトラックバック

無料ブログはココログ