« 世界遺産候補施設&関連施設をたずねて 1 | トップページ | 世界遺産候補施設&関連施設をたずねて 3 »

2015/06/09

世界遺産候補施設&関連施設をたずねて 2

1505_010_6887
旧本事務の次に訪れたかったのが、
いつも八幡東イオンへ行くときに車から見上げていた
東田第一高炉跡
しかし、東田第一高炉史跡広場へ行くのは今回が初めてだ!coldsweats01

 

1505_020_6892

 

1505_030_6916
反対側から(北九州イノベーションギャラリー側から)
見るとこういう感じになっている。
表示の1901は、
明治34年(1901)2月5日に初めて東田第一高炉へ
火入れが行われた事を意味している
  

1505_040_6893

 

1505_050_6894
今回の世界遺産登録候補から外されたからか?
日曜なのに訪れている人は少なかった。
(4~5人ぐらいかな?)

  
一番左側は煙突だが、次の3つの白い筒状の物が熱風炉で、
約1000~1200℃の熱風を高炉へと送り込み
コークスを燃焼させて鉄鉱石を融かして銑鉄を作っていた。
右に見える白いサイクロンは、
高炉から排出される粉塵を除去する為のサイクロン。

 

1505_060_6897
実際に使用されていた熱風管
高温の空気が通る為に、耐火煉瓦が張りつめられている。

 

1505_070_6905
トーピードカー(高炉で溶かされた銑鉄を運搬する貨車)
魚雷の形をしたのがトーピードカー で、
旧八幡製鉄の八幡地区と戸畑地区をむすぶ”くろがね線”を
実際に走っていたそうだ。
 
<参考>
 くろがね線は約6㎞で、
 1930年開業された当時から電化されていた。

 

 

1505_080_6900
トーピードカーを後ろ側から見るとこんな感じ。

 

1505_090_6907
東田第一高炉は改修高炉で、公称能力900トンを誇る日本最初の
高圧高炉として建設され、昭和37年(1962)8月の火入れから
昭和47年1月の吹き卸しまで操業していたそうだ。

 

1505_100_6915
茶色の厚い鉄板は高炉鉄皮で、
高炉内部の高圧力から守る目的で高炉の外側全体を覆っていたもの。
高炉内は約1000℃の高温になる為に、
高炉鉄皮に水を循環させて冷却させていたようだ!

 

1505_110_6910
高炉内部は耐火煉瓦が敷き詰めれられている。

 

1505_120_6908
高炉から湯(鉄が溶けた状態のものを湯あるいは溶銑と呼ぶ)を取り出し、
川のように流しながら上面に浮く不純物を除去している工程
多分、湯の温度は約1500℃ぐらいだと思うので、
灼熱の過酷作業だったと想像できる。bearing

 

<私的余談>
 東田第一高炉跡は、
 日本の鉄の歴史としても非常に価値のあるものだと思うが、
 改修をくり返してきちんと保存された事が皮肉にも世界遺産候補施設から
 外れてしまったのではないかとCMは勝手に思っている。
think

 努力は必ず報われる!
 努力は必ず報われるとは限らない!
 どちらを信じるべきか?(笑)coldsweats01

  
 

1505_130_6902
転炉も展示されている。

  
 (高炉で出来た銑鉄を利用目的に合わせ、
 脱炭により溶鋼を作る為の炉で、
 回転させて溶銑を取り出すことから
 転炉と呼ばれるようになったとも言われているが、
 正しくは銑鉄から精錬鋼に転換する炉、
 つまり「転換炉であることから転炉と呼ばれている)

 

  Bu_aquao
「世界遺産候補施設&関連施設をたずねて 3 」へつづく

« 世界遺産候補施設&関連施設をたずねて 1 | トップページ | 世界遺産候補施設&関連施設をたずねて 3 »

お出掛け」カテゴリの記事

コメント

世界遺産候補施設の1と2読ませて頂きましたが
八幡製鐵所関連って凄いですね
鉄の歴史がここにありって感じなのに
改修をくり返したから
候補から外されたのですかね?

clipクミンさん

日本の近代化に多大な貢献をした旧八幡製鐵所で、
歴史に刻まれていることが感じられますね!
実は、CMは何年も前の事ですが、
旧本事務所の内部を見学させて頂いた事があるので
重厚な雰囲気だった事もしっかり憶えています。
まさか世界遺産登録されるようになるとは
(その時は)夢にも思っていなかったですよ~coldsweats01

おはようございます。この施設も凄い迫力がありますね。一瞬、CMさんがNASA関連(^.^;の施設を訪れられたのかと思うほどでした(^-^)。メンテナンスが行き届いて大事に管理されていたことが理由で世界遺産候補から外されてしまったとは何とも残念な話です。(-_-)

東田高炉は何といっても八幡製鉄所のシンボルですね。たとえ世界遺産登録から外れてもその位置づけは変わらないと思います。それにしても保存のために手を入れ過ぎたことが登録漏れの遠因というのも本当に残念です。亡くなった母が戦争中に旧本事務所に勤めていて良く当時の話をしていました。世界遺産登録の話をとても喜んだろうと思います。

clip edybodyさん

NASA←いつか行ってみたいです(笑)coldsweats01
見上げると凄い迫力がありますよ~
旧八幡製鐵のシンボル的存在なので、
こちらも登録して欲しいと願うのですが・・・

clipメドウおじさん

お母様が旧本事務所で働いていらっしゃった事を知り、
驚きました!eye 
戦争中の苦労話なども聞いていらっしゃったそうなので
遠くから眺めても(お母様の)当時の事が想い出
として重なるでしょうね~
>世界遺産登録の話をとても喜んだろうと思います。
正式に登録されたら是非報告されて下さい。
きっと喜んで下さるだろうと思いますよ!

東田第一高炉なるものの存在は初めて知りました
今回の世界遺産登録からはずれたとの事ですが改修されて
原型から遠ざかったのが原因とは・・・・・
四国八十八ヶ所も初期段階の申請で道が昔と大きく変わっている所が他だあると言うのが却下された要因だそうです
転炉は何か異様な雰囲気が漂っていますねcoldsweats01

clipよしべえさん

>四国八十八ヶ所も初期段階の申請で道が昔と大きく変わっている所が
>他だあると言うのが却下された要因だそうです
昔のままの状態と言うのはなかなか難しいですよね~
特に道路は利用の仕方が時代の流れと共に大きく変わりましたからね!coldsweats01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 世界遺産候補施設&関連施設をたずねて 1 | トップページ | 世界遺産候補施設&関連施設をたずねて 3 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ