« 庭にケラがいた。 | トップページ | 柿渋作り 2 »

2016/08/05

柿渋作り 1

1607_010_kakishibu_p0046_
今年は柿が沢山生っているようだ。

 

1607_020_kakishibu_p0041_
柿の数が多すぎるようなので、少し間引きしようと思う。

 

1607_030_kakishibu_7924
間引いた青柿があるので何かに利用できないものか?
と、考えていたら・・・アイディアが思い浮かんだ。
  
「そうだ、柿渋を作ってみよう!」

甘柿なので柿渋作りには向かないとは思うが、
しかし、7月末頃に採ったのでまだ渋みはあるはずなので
作れなくもなさそうに思える。
ダメもとで試しに作ってみることにした。

 

1607_040_kakishibu_7928
洗わず、ヘタも取らずに水(井戸水)を少し加えてミキサーで砕くと・・

ちなみに、
  洗わないのは、柿の表面に発酵菌が付着しているので、
  折角の発酵菌を洗い流さない為。
  水道水を使用するとカルキが発酵菌を減らしてしまうと思えるので、
  井戸水を使用した。
  ミキサーは不要になったミキサーを園芸専用として利用しているもの。

 

1607_050_kakishibu_7929
こんな感じに砕けた。

 

1607_060_kakishibu_7931
4~5個ずつミキサーで砕くことを繰り返すと、
バケツ一杯にもなった。

 

1607_070_kakishibu_7936
更に水を加えて、ひたひた状態にして・・

 

1607_080_kakishibu_7938
蓋をして保管し、
明日から毎日1回は攪拌して発酵させるつもり。

 

 < 柿渋作り 2へつづく >


« 庭にケラがいた。 | トップページ | 柿渋作り 2 »

「堆肥」「ボカシ」「自然農薬」作り」カテゴリの記事

コメント

わ〜柿渋作りアップして下さってありがとうございます。一度私もやってみたいと思っていたので嬉しいです。このあと、かなり臭くなってくるんですよね(笑)ステインの代わりに使えるそうですし、今作っているクラフトバンドでのバッグ類も柿渋を塗れば良いかもしれませんね。

すてき~ 拍手 
私もやりたいです
田舎は柿農家ですが 農薬散布でダメだろうな~

行程を見て勉強して 機会があったら挑戦します

青柿で柿渋作りですか、お初です

出来上がりが、抹茶味のかき氷の様で
美味しそうですが青柿ですものね。

clipedybodyさん

簡単な方法なので参考になるかどうかですけど・・coldsweats01

渋柿が手に入るようでしたら、
柿渋を作って↓に利用されるのもいいか知れませんね。
>今作っているクラフトバンドでのバッグ類も
>柿渋を塗れば良いかもしれませんね。
でも、この伝統的な作り方だと
完成するまでに2年ぐらいはかかるので、
圧力鍋で煮て、布で濾すという簡単な方法があるようですから
<柿渋作り 2>で少しだけ紹介しておきますね!

clipさくらさん

いえ、一般的な柿渋作りなのに、
拍手までいただいてすみません。coldsweats01

>田舎は柿農家ですが 農薬散布でダメだろうな~
渋柿の方は散布されていないように思えますが、
たとえ散布されていても軽く洗えば大丈夫そうに思えますよ!

clipクミンさん

完成するまでに2~3年かかるので、
柿渋を作っていることを忘れちゃいそうですよ~coldsweats01

そう言えば、青柿のフラペチーノみたいですね~(笑)
でも、もの凄く渋くて不味いだろうな(笑)

柿渋って渋柿から作るのか富有柿から作るのかネット検索したら今の時期の富有柿からのようですね
私も下駄箱の前に欅の板で作った小上がりにホムセンターで
買った柿渋を塗りましたが10年くらい経った今はこげ茶色に
変色し味のあるものになっています
自分でも作れるんだー 何にでも挑戦するCMさんにまたまた
脱帽ですscissors

clipよしべえさん

柿渋は渋柿で作る方が適していますが、
甘柿も早い時期に採ったものは
渋があるので作れそうに思って作ることにしました。

柿渋はラッカーやペイントなどとは
また違った感じになるので、
うまく柿渋が完成すればレザークラフトにでも
使ってみようかな~と思っています。coldsweats01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 庭にケラがいた。 | トップページ | 柿渋作り 2 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

チョコミント宛てのメール

最近のトラックバック

無料ブログはココログ