« マッサマンカレーを作ってみた | トップページ | アミ皿スプラウト栽培 »

2016/11/27

赤い実

201611_christmas_p0010_
鉢植えのクリスマスホーリー(ヒイラギモチ)に
今年も赤い実がついた。(有毒)
 
街もそろそろクリスマスデコレーションで
華やかに変わるんだろうな~

 

201611_rubysanzashi_p0003_
ルビーサンザシ
ペアで生っているように見えるが、
(実際にCMも食べたが)食べても美味しくはないので
野鳥たちへのプレゼントに(笑)

 

201611_yabukouji_p0014_
ヤブコウジ(十両)にも赤い実が付き始めたが、
千両や万両やこの十両にも実には特に毒性がないので
食べられるはするようだが・・・
美味しい順番は、千両>万両>十両の順のようだ。
CMは食べたことがないが、
野鳥が食べる順序が↑そのようなので、
多分そうではないかな?(笑)coldsweats01

ちなみに、ピラカンサの実には
毒性があるので今の時期は野鳥は食べないが、
しかし、毒性が弱くなってくる2月頃を待って
野鳥たちは食べ始めるから
賢いな~と感心させられる。coldsweats01

クロガネモチの赤い実には微毒が含まれているので、
野鳥たちは敬遠するみたいだが、
真冬になって食べるものが無くなってくると
非常食として啄んでいるのを見る。
毒の盛り加減がクロガネモチのセオリー(戦略)のようで
植物たちもなかなか賢いな~と思う(笑)
(競争相手の少ない真冬の時期に、高い確率で鳥に種を遠くへと運ばせる目的)

 

201611_sarutoriibara_p0017_
サルトリイバラの黄葉か枯葉か迷う感じだが・・・
数年経っても実を付けたことがないので雄株だろうと思う。
雌株を一緒に植えると赤い実が見れるので欲しいけど・・・
(ちなみに、実は食べられるが不味いらしい)

« マッサマンカレーを作ってみた | トップページ | アミ皿スプラウト栽培 »

フラワーガーデン」カテゴリの記事

コメント

クリスマスホーリーの赤い実を見るとクリスマスを連想
しますねxmas
赤い実の毒性と鳥が食べるタイミングをよく観察と言うか
研究されていますねcherry
鳥や野生動物は誰が教える訳でもなく食べれるものとそうでないものを見分けますね嗅覚とかで感じるのかな?

この間、仕事先で見かけた不思議な樹を思い出しました。
クリスマスホーリーにも似た、ヒイラギにも似た不思議な樹です。
葉は全体的に丸みを帯びているので、老木のヒイラギかな?と思っていたのですが、実が赤いんです。。。
葉の一部には、クリスマスホーリーのような葉があるし、根元からはヒイラギの新芽が・・・
勝手に品種改良した洋木か? と思いましたが、ここは適当に「アメリカヒイラギ」ってことにして帰りました・・・(w)
一体、何の樹なんでしょう?

葉は、全体的にヒイラギの老木(棘無し)に似る。
一部、クリスマスホーリーやヒイラギに似た葉がある。
実が赤い。

鑑定お願いしまーす!

クリスマスホ-リー 毒なんですね
数年前のクリスマスアレンジに使いました
これだけで クリスマスの雰囲気。
後はローソクとかオーナメントとかリボン。
リースもできますね
お宅にあって しかも実つきなんていいですね
お向かいさんのお庭にもあるけれど 実が無い ^^

千両が一番 鳥は好きですね
親類のおばちゃんは 千両のブッシュに黄色い糸を張っていました
それでずいぶんきれいでした。
長くもてるので 12月前半に貰いに行ったりしています

サルトリイバラ (山帰来)の実で活け花をした事を想い出します
まだ 中学生でした。^^

clipよしべえさん

>嗅覚とかで感じるのかな?
多分、啄んで確認するのかと思いますが、
毒性が強い時は非常に不味いが、
毒性が弱くなってくると不味さも弱くなって
くるみたいですよ。
実際に食べてチェックした人がいるみたいですが、
探究心と勇気にリスペクトですね~coldsweats01

clip tomatoshipさん

>鑑定お願いしまーす!
樹木類は得意ではないのでムリで~す(笑)
でも、頑張ってみますね!coldsweats01

うぅ~ん 画像がないので難しいですが、
ヒイラギは実が黒っぽいので違う筈ですし、
赤い実が生っているので、
セイヨウヒイラギかヒイラギモチかアメリカヒイラギ
あたりのどれかでしょうが、
3種類とも老木になっても葉が丸くならない
個体もあるそうだし、
葉の形が混じっている事を考えると
ヒイラギモチが濃厚な気するので、
おそらくヒイラギモチではないでしょうか?

ちなみにヒイラギモチはチャイニーズホーリーと呼ばれるものですが、
クリスマスホーリーと呼んだ方が売れるのでHCなどでは
クリスマスホーリーと表示されて売られています。
一枚目の写真は、実はこのヒイラギモチで、
買う時にセイヨウヒイラギだと勘違いして買ってしまったんです。
このヒイラギモチは個体差が大きくて、
老木じゃなくても葉が全縁(ギザギザがない)の物もあったり、
混じっていたりしているものがあるので(買う場合は)
注意する必要がありますね!
ですからおそらくヒイラギモチ(チャイニーズホーリー)だと思えますけど・・

clipさくらさん

クリスマスホーリーは、
クリスマス雰囲気を盛り立ててくれますよね~happy01
>お向かいさんのお庭にもあるけれど 実が無い
雄株なのでしょうね~ 
赤い実が生らないとクリスマスホーリーっぽくないですからね。

鳥たちはよく知っていますよね!
さくらさんの庭には非常に沢山の種類の植物を植えてあるので、
千両も万両もあるように思っていました。
>サルトリイバラ (山帰来)の実で活け花をした事を想い出します
まだ 中学生でした。
中学生の頃から生花センスが開花していたように想像できますが、
中高生の頃は人生において貴重な時間ですよね。

もうすぐクリスマスですね。12月には赤い実が似合っていると思います。そういえば赤い木の実には有毒のものが多いように思いますが時期によって毒性が小さくなるんですね。そういえば1月、2月の寒い時期に鳥が庭の赤い実をよく食べているような気がします。面白いですね。

clipメドウおじさん

木の実も、植物それぞれにセオリーがあって実らせているので
そのように考えながら眺めると面白いですよね~
植物たちの知恵と鳥や動物たちの知恵との
知恵比べのようにも思えるし、
興味深い世界が広がっていますよね(笑)think

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« マッサマンカレーを作ってみた | トップページ | アミ皿スプラウト栽培 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

チョコミント宛てのメール

最近のトラックバック

無料ブログはココログ