カテゴリー「ワイルドグラース」の記事

2017/04/18

ミヤマカタバミ

201704_p0014_
ミヤマカタバミ

4月初め頃に撮った写真だが、
今はもう花は全て散って葉が茂り始め元気もりもり状態。
でも、夏の暑い時期が苦手のようで、
ぐったりと弱ってしまうから
消えちゃうんじゃないかと毎年心配させられる。

 

201704_p0022_
雲南白キンバイ

毎年今の時期になると、
花が次から次へと咲くのだが・・
でも、絶対!と言ってよいほど花びらが虫に齧られてしまい、
キレイな開花状態を見た事がないぐらいだ(笑)

201704_p0023_
今年も何とか咲いてくれたソハヤイカリソウ
実物は写真の三分の一ぐらいの感じで、
か細くて小っちゃい。

 

201704_p0013_

201704_p0014__2
オキナグサ
 
2株買って植え付けていたのだが、
(1株は昨年の夏場に枯れてしまって)
この一株だけになってしまった

201704_p0031_
キランソウは抜かないので少しずつ増えて
庭のあっちこっちに咲いている。

 

201704_p0027_
庭の雑草に混じってムラサキサギゴケが咲いている
と思って近づいてみると・・

あれ?ムラサキサギコゲじゃない!bearing

 

201704_p0026_
げっ! カキドオシじゃないか!
ルリに尋ねてみると・・
「花がカワイイから植えといたのよ~
殖えたので他の場所にも植えてあげてるわよ~」

 
何かの鉢植えに付いて
家にきたのだろうと思うが・・
カキドオシを植えちゃって大丈夫かな~(笑)coldsweats01

2016/10/13

ホトトギス

20161007_shirobanahototogisu_p0014

20161007_shirobanahototogisu_p0013
シロバナホトトギスが咲いたが、
夏場にかなり疲れた様子で葉も茎も傷んだ状態だ。

 

20161012_akouhototogisu_p0001_

20161012_akouhototogisu_p0007_
アコウホトトギスは、
渋めの色ながら派手な咲き方のようにも思える(笑)

 

20161007_takakumahototogisu_p0017
 

20161007_takakumahototogisu_p0015_
タカクマホトトギスも傷んだ様子ながらも
がんばって咲いていると言った感じ。
でも、虫たちには花が美味しいのか?
この花が咲くと、
すぐに齧られてボロボロになってしまう。

 

20161003_seiryuhototogisu_p0005_
青龍ホトトギス(タイワンホトトギス)は8月中旬ごろから咲き続けているが、
こんな風に倒れた状態でも次々と咲き続けている。

 

20161007_seiryuhototogisu_p0020_

 

20161012_seiryuhototogisu_p0009_

 

20161012_seiryuhototogisu_p0012_

 

2016/08/10

青龍ホトトギスが咲いた

20160805_seiryu_p0031_
青龍ホトトギスが次々と咲き続けているが、
今年は咲くのが少々早いように思える。

去年は9月中旬頃だったと思うけど・・・
 青龍ホトトギスが咲いた

 

20160805_seiryu_p0033_
蕾の状態がなんだかちょっとカワイイ。(笑)

 

北側の庭で育てているが、
猛暑が続いて北側の庭の土もすっかり乾燥しているので
毎日水遣りをしても植物たちは ぐったりぎみで・・・
 ほんとうに雨が降って欲しい!!catface

2016/07/09

オカトラノオが咲いた

20160707_okatoranoo_p0012_
オカトラノオ(サクラソウ科)は、すごく蔓延るので、
縮小ぎみに植えているが・・・
咲いてくれると うれしいもので(笑)

 

20160707_okatoranoo_p0014_
シンプルな花だしカーブのある咲き姿が好きだ。
 咲くたびに「茶室に一輪活けると似合うだろうな~」
 といつも思うが・・
 でも茶室なんてないし、(笑)coldsweats01

CMは、部屋は洋室好みだが、
茶室の小ぢんまりとした静寂な和空間も好きだけど・・

2016/05/30

ミヤマウツボグサ

1605_miyamautubogusa_p0008_

1605_miyamautubogusa_p0010_
ミヤマウツボグサ(深山靱草)は、
北海道や本州北部の(福井県、関東北部、東北の太平洋側など)
亜高山帯などに自生する高山植物だが、
低山~亜高山の開けた草地や道端でも見かけられるそうだ。
 (草地や道端に生えるウツボグサとは別の種類)
 

1605_miyamautubogusa_p0009_

ミヤマウツボグサが咲き始めたが、

でも日曜も雨に降られて
ちょっとだけ残念な感じに変わってしまっている。coldsweats01
(↑3枚の写真は、晴れている日に撮ったもの)

 ちなみに、奥はユキノシタの花が咲いているのが見える。

 

1605_shirobana_p0012
シロバナホトトギスが伸びはじめている。

 

1605_kibana_p0011_
こちらは、キバナホトトギス。
 今年も秋にホトトギスが無事に咲いてくれる事を願っているけど・・

 

「レインボーベーグル」や、「レインボーパンケーキ」など、
食べ物をカラフルにすることが米国で流行っているそうだが、
ついに「レインボー寿司」が登場したそうだ!
 日本に逆輸入されても遠慮したいと思うCMだけど・・catface 
 <参考インスタグラム>→→ レインボー寿司

 

2016/05/22

ホタルブクロとミゾカクシ

1605_hotarubukuro_p0021_
ホタルブクロが咲いているのに気づかないでいた。coldsweats01
6月頃に咲くと思い込んでいたが、
もう6月も近いからな~

 

1605_mizokakusi_p0018_
一昨年、園芸店の山野草コーナーで
「楽鳥草」と表示されているのを
よく知らないまま買ってしまった。(後で、雑草のミゾカクシだった事を知った)
  
昨年、グランドカバーにするつもりで地植えしたら、
凄い繁殖力に手をやいて抜いてしまったが、
コンクリートで囲まれた
ここの場所だったら大丈夫だろうと思って
少しだけ植えている。

 

1605_mizokakusi_p0015_
ミゾカクシ(溝隠) (キキョウ科 ミゾカクシ属 別名:アゼムシロ、楽鳥草)
  
花が咲くと、ちょっとだけ可愛いが、
繁殖力旺盛な雑草なので気をつけなくては!(笑)

2016/04/26

イワカラクサ

160423_iwakaragusa_p0016_
大切に育てているイワカラクサが咲き始めた!happy01

(学名:エリヌス・アルピヌス)
(原産地:ピレネー山脈 アルプス山脈)
(ゴマノハグサ科 イワカラクサ属)

 

160423_iwakaragusa_p0019_
イワカラクサは、ヨーロッパのピレネー山脈やアルプスの
高山帯の岩場に自生する高山植物だが、
ちっちゃな花で可愛いので園芸用としても人気のようだ。

毎年、夏の暑さで枯らしてしまわないかと心配しつつ育てているが、
今年もなんとか咲いてくれて嬉しい!happy01

 

160424_tatunamiso_p0116_
ホソバタツナミソウが咲いた!

 

160424_tatunamiso_p0118_

160424_tatunamiso_p0123_
花形と色からオドリコソウのような雰囲気もするが・・
タツナミソウ(笑)

 

160424_yukinoshita_p0127_
ユキノシタの新葉がきれい!
 
先日の夕食が”天ぷら”だったが、
ユキノシタの葉も混じっていた!(笑)
食べると、サクサクした食感で美味しい。
ほぼCMが一人でユキノシタばかり食べていた。coldsweats01

 

2016/04/18

ホウチャクソウが咲いた

1604_houchakusou_p0004_
ホウチャクソウが咲き始めた。

 

1604_houchakusou_p0050_

 

1604_houchakusou_p0006_
数日経つと、先端が若干開き、
蕊も少しだけ見えるようになるのだが・・・
(園芸店でナルコユリとして買ったのだが、
 にているもののホウチャクソウだった)

 

1604_tatunamisou_p0045_
ホソバタツナミソウが初めて咲きそうになってきたので嬉しいものの
(タツナミソウのような薄紫っぽい色だと思い込んでいたので)
ピンク色なのをちょっと残念に思っている。

 

1604_tatunamisou_p0046_
もう少しすると開花しそうなので、
楽しみに待つことに・・・

 

1604_okinagusa_p0048_
オキナグサの花の後は、
白髭がはえたようになりオキナグサっぽくなってきた。(笑)

 

熊本地震の被害の甚大さに驚いている。
地面が2mぐらい横ずれしている映像などを見ると
地殻エネルギーの凄さを改めて感じてしまう。
余震の回数があまりにも多く、
後日、もっと大きな本震があるのではないか?
と不安に思うことすらある。
早く治まってくれることを祈りたい。

2016/04/13

ソハヤキイカリソウやオキナグサが咲いた

1604_ikari_p0089_
ソハヤキイカリソウが咲き始めた。
ちっちゃくて、しかもか細いので風でゆらゆら揺れて
撮りにくくて大変だった。
(バックにぼんやりと見えるのは、アリアケスミレ)

 

1604_ikari_p0088_
イカリソウの後側から見ると、
随分印象もちがう。

ソハヤキイカリソウは唯一、
奈良~大阪~和歌山に連なる金剛葛城山系に自生しているそうだが、
その自生している景色をいつか見てみたいと思う。

 

1604_okinagusa_p0007_
昨年、オキナグサを2株植えつけたが、
今年は沢山 花がついてくれた。

<参考>
 オキナグサを植え付けた時の様子→→ オキナグサ

 

1604_okinagusa_p00102_
クリスマスローズ以上に下を向くようで・・・

 

1604_okinagusa_p0010_
やっと撮れる角度まで開いてくれた。

 

1604_unnan_p0086_
雲南白キンバイは随分前から咲き始めているのだが、
花弁を虫が好んで齧るようで、(下段の一番左のような状態に齧られる)
なかなかキレイな状態の花を撮るチャンスに恵まれない。(笑)

 

1604_unnan_p0085_

 

1603_kusaichigo_p0022_
これは、クサイチゴだが、
白キンバイの花は(クサイチゴの花の)数分の一ぐらいに小さい。

2016/03/20

ミヤマヤエカタバミ

1603_miyama_p0053_
深山八重片喰(ミヤマヤエカタバミ)が咲き始めた!

 

1603_miyama_p0055_

 

1603_miyama_p0017_
強靭な性質とのことだが、
毎年夏場の暑さで消えてしまわないかと
心配しながら大事に育てているが、
昨年咲いた様子と比べても花数が少しだけ増えたぐらいで、
殆ど変らない感じのようだ。
 カタバミは敵視しているが、
 このミヤマヤエカタバミは凄く大切に育てている。(笑)

 

<参考>
2015年に咲いた時の様子→→ ミヤマヤエカタバミ

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ